ネット 簡単 借入

 


中堅キャッシングバナー

ネット 簡単借入

  1. インターネットで簡単借入
  2. 簡単借入!ネット銀行カードローンおすすめタイプとは
  3. 簡単借入!ネット銀行カードローンおすすめしないタイプとは
  4. 他の方法に比べて簡単借入できるネット銀行カードローン
  5. 簡単借入ができATM手数料も安い?

 

リンクバナー

 

インターネットで簡単借入

お金が必要になってアルバイトや副業をする時間も取れない場合、働いてお金を稼げないため、金融機関から融資を受けることを考えます。

 

有名な大手銀行カードローン、銀行系カードローン、大手消費者金融カードローンなどがありますが、店舗まで行けないときはインターネットでも簡単借入ができる便利な時代になっています。

 

申し込み条件は各銀行や消費者金融によって異なりますが、基本的に共通しているのは年齢が20歳以上であること、安定した収入があることです。消費者金融や信販会社などは、貸金業法の総量規制が適用するため、収入がある人でないと借り入れができません。しかし、銀行カードローンなら地方銀行カードローンも含めて、直接の収入がない専業主婦などでも融資を受けられる可能性があります。

 

インターネットの公式ホームページに申し込みフォームがあり、多くの金融機関はWEB完結ができます。ネットから申し込みをするとキャッシング審査がスタートし、1次の自動審査が通ったら2次の本審査へと進みます。審査に通過したらカードローン利用可能枠などの詳細が伝えられ、金利や返済方法、返済金額などの契約内容に納得ができたら契約をして貸付となります。

 

WEB完結でも必要に応じてローンカードが発行されますので、郵送してもらうか、即日融資を受けたい場合は、自動契約機や窓口へ受け取りに行くという方法もあります。カードが発行されたら、提携しているお近くのコンビニATMで借入や返済ができます。カードを持っていると融資を受けていることが他人にバレるかもしれませんが、指定口座への振り込みを選択すれば、誰にも知られずにキャッシングできます。

 

審査に通過するためには、一般的には勤務先へ電話をして在籍確認が行われます。
電話による在籍確認の代わりに、社員証や給与明細などといったそこで勤務していることを証明できるもので書類審査ができればOKというところもあります。ほとんどの金融機関はインターネットの公式サイトに簡易審査が設けられていますので、審査に自信がないときなどに試してみてはいかがでしょう。

 

銀行カードローンは金利が低くて利用限度額が高いことなどから、審査に通過し利用者になれたら理想的ですよね。銀行カードローンというと、銀行口座を持っていなければ利用できないと思われているかもしれません。金融機関によって銀行口座がなくてもカードローンの契約ができるところが多くなっていますから、口座を作りたくない方にもおすすめです。

 

銀行カードローンと消費者金融キャッシングとでは似たようなイメージを持たれているかもしれませんが、実は適用されている法律が根本的に異なります。消費者金融や信販会社などは貸金業法が適用されるのですが、総量規制という年収の3分の1までしか借り入れできない決まりになっています。専業主婦などのご本人に直接収入が入っていない属性の方は、消費者金融に申し込みをしても審査通過率0%です。

 

しかし、銀行カードローンなら総量規制の適用外ですので、融資を受けられる可能性があります。
属性によって、ネットで簡単借入ができるかどうかは違ってきます。
ご自分にあったものをチョイスしてみてください。

 

▲メニューに戻る

 

リンクバナー

 

簡単借入!ネット銀行カードローンおすすめタイプとは

銀行カードローンは、お金を借りるところとして最も理想的な金融機関の一つです。さらに店舗窓口ではなくインターネットで銀行カードローンの申し込みを行うことで、簡単借入を実現しています。そんなインターネットの銀行カードローンは、どのようなタイプの方が向いているのでしょうか。

 

まず都市銀行のネット銀行カードローンは、地方在住の方でも申し込みや契約、借入れ、返済ができる利便性があります。都市銀行のカードローン商品に魅力を感じていたけれど行けるエリアに支店がないという方も、インターネットが普及したことにより日本全国どこにお住まいでも利用者になれます。

 

確かに地元に根付いて運営されている地方銀行も、カードローン商品を扱っているところは多数あります。ただ、近くにある地方銀行に限って、自分にあっていないということもあるものです。
インターネット銀行だからこそ、地方在住の方におすすめです。

 

通常は銀行カードローンに申し込む場合、審査や契約まで何日かかかってしまいますが、その銀行に口座をお持ちでしたらスムーズに手続きが進められていきますので、最短即日融資可能なところもあるかもしれません。

 

口座をお持ちだということは、銀行のキャッシュカードをすでに所有しているのではないでしょうか。
そのカードは、銀行カードローンにも対応できるよう切り替えてもらえます。新規に借り入れ用のカードを持たずにすみますので、借金をすることは家族に知られたくないという方に便利です。

 

専業主婦や専業主夫をされている方は、インターネットで消費者金融などの貸金業者に申し込みをしても、簡単借入とはいきません。それは貸金業法の総量規制ができたことにより、貸金業者全体で一人の申込者に対し、年収の3分の1までしか貸付けできないという決まりになっています。直接本人に収入が入らない専業主婦や専業主夫の方は、総量規制の対象外であるインターネット銀行カードローンなら、年収に関係なく借り入れが可能となります。

 

専業主婦や専業主夫の方は、家事や育児、親御さんの介護などとで忙しく、必要としてくる周りを放っておいて、金融機関まで出向くのは大変です。特にお子さんが幼いほど家を離れるのは困難ですが、インターネットの銀行カードローンなら自宅から一歩も離れずに低金利で簡単借入ができます。

 

専業主婦や専業主夫の方は家計を預かっているということで、リーズナブルな金融商品を賢く見つけるのも大切な仕事です。インターネット銀行カードローンは、そんな主婦や主夫の方にピッタリです。知名度の高い大手消費者金融も確かに安心して申し込みができそでうですが、消費者金融は銀行よりも金利が低くなっています。大手銀行カードローンの金利と変わらないくらい金利が抑えられていますし、高額な利用限度額ですので、検討する価値があるのではないでしょうか。

 

▲メニューに戻る

 

リンクバナー

 

簡単借入!ネット銀行カードローンおすすめしないタイプとは

インターネットで銀行カードローンに申し込み手続きができるので、家の外に一歩も出なくてもスムーズに簡単借入することができます。真冬の寒い時期に外出したくないけれど家賃や光熱費が足りないとき、真夏でクーラーの効いた部屋から出たくないときに、口座引き落としがあるのを忘れていて銀行残高が不足しているときなど。

 

家の中で申し込みから審査結果の確認、契約、借り入れまで全部できるインターネット銀行カードローンは、いろいろな状況でメリットの多い存在です。便利で一度契約をしたら利用限度額の範囲内で、何回でも借り入れしたり返済したりを繰り返せますが、中にはデメリットだと思える部分もあります。

 

最初の借り入れ前には申し込みをして審査を受けなければなりませんが、消費者金融とは異なり基本的に銀行口座への振り込みという形での融資になります。平日の14時までに契約までの手続きが完了していないと、即日融資ができないインターネット銀行カードローンが多いので、申し込みをした当日にお金が必要な場合は、早めに手続きをした方が安心です。平日14時に間に合わなければ、現金が手に入るのは翌営業日になります。

 

都市銀行など大手のインターネット銀行カードローンでしたら自動契約機の数が多いのですが、少ないところもあります。ATMで借り入れや返済に使用するカードが契約後に発行されますが、設置数が少ないインターネット銀行カードローンは、受け取りを自動契約機でできないとなると、郵送で受け取ることになります。借金をすることを家族に内緒にしたい場合、送付先を自宅に指定してしまうとそれが原因でバレる可能性があります。

 

銀行カードローンの在籍確認の共通点なのですが、インターネットを含めて地方銀行、都市銀行、大手銀行など規模にかかわらず、勤務先に電話が入るところがたくさんあります。在籍確認はキャッシングをすることが周囲に知られないよう配慮して、銀行名では名乗らずオペレーターの個人名でかけるはずです。しかし、それでも金融機関から電話が入ってくることに抵抗を感じる方は、気になってしまうかもしれません。

 

初めての申し込みを土日祝日に行うと、在籍確認が必要なので即日融資が困難です。
審査や申し込みの受け付けは曜日にかかわらず行われているのですが、申込者の方の職場が休日で人がいなければ、電話をして在籍確認をすることができないので、そこで審査がストップするためです。

 

インターネットの消費者金融の申し込みは、公式サイトに簡易審査が用意されています。
インターネット銀行カードローンは、簡易審査がないところが多い傾向にありますので、自分の属性は簡易審査で借り入れできるのかを試すことができません。簡易版でしたら氏名や住所などを入力しないので、何回試しても審査結果が個人信用情報機関に登録されずにすみます。確実な回数は明らかになっていませんが、1ヶ月に3回以上を目安として申し込みを行うと、申し込みブラックになり、審査落ちにつながってしまいますので注意しましょう。
簡易審査でしたら、何回トライしてもOKです。

 

▲メニューに戻る

 

リンクバナー

 

他の方法に比べて簡単借入できるネット銀行カードローン

一般的に金融機関から融資を受けるときの申し込み手段はというと、インターネットからの他には店頭窓口や自動契約機、郵送、電話、FAXがあります。

 

お金を借り入れするとき、窓口の長い列に長時間並ぶことが当たり前だった時代は、こんなところを誰か知り合いに見られたらイヤだなあという思いもあったでしょう。しかし、こんなに申し込み手段が増えている今となっては、金融機関から簡単借入しやすくなり、人目を気にする必要がすっかりなくなっています。

 

特にインターネット銀行カードローンなど、WEB完結できる借り方は銀行選びさえしっかりしておけば、家族にも知られずに借り入れできます。ネット銀行カードローンは手続きの効率化を徹底しているということなのか、店舗は最小限にとどめ、中には1店舗もなくネット上で全てのやり取りができるところもあります。

 

銀行のカードローン商品であることから、銀行口座がないと融資を受けられないところと、口座がなくても契約OKのところと2タイプにわかれています。口座が必要なところの場合は、カードローンの申し込みと同時に、口座開設の手続きもできるところが便利な印象です。まずは口座開設を行い、数日経って無事に開設が完了したところで、改めてカードローンの申し込み手続きに入るというところもあるようです。

 

1日でも早く融資を受けたい状況でしたら、申し込みや審査、借り入れまでどのくらいかかるかを公式サイトなどで確認して選びましょう。案外長く待たされそうだと銀行カードローンの申し込みをしてから気が付き、もっと対応がスピーディなところを見つけて、別の金融機関でも手続きをするのはあまりおすすめできません。

 

2カ所までならまだセーフですが、短期間に複数の融資申し込みを行うと「申し込みブラック」というものになってしまうためです。申し込みブラックになると、個人信用情報機関にそのことが登録され、6ヶ月はそのデータが消えません。審査では個人信用情報機関が確認されますので、申し込みブラックだとわかるとそれによって審査落ちしてしまいます。

 

短期間にあちこちの金融業者の審査を受けても、必要な金額の融資を受けられていない人なのだと判断されてしまいます。複数から信用できないと判断されたとなると、別の金融機関もわざわざ審査をするまでもないということになるのでしょう。

 

申し込みブラックになる回数は明確にされていませんが、目安は1ヶ月に3カ所以上でなってしまうといわれています。1ヶ月に2カ所までと決めて、再び申し込みたいときは間隔を空けるなどすることが大切です。すでにたくさんのカードローンなどに申込んでしまい、なかなか審査に通らないのでしたら、信用情報に載っている可能性があります。最後に申し込みをした日から6ヶ月の間隔を空けて、それから別のところで手続きすることが審査通過につながるはずです。

 

▲メニューに戻る

 

リンクバナー

 

簡単借入ができATM手数料も安い?

インターネット銀行カードローンは、ネットにつながる環境があればどこからでも24時間365日好きなときに、申し込み手続きが行え簡単借入しやすくなっています。

 

口座振り込みで融資を受けたり、発行されるカードを利用してコンビニなどの提携ATMで借り入れと返済ができますから、わざわざ店頭窓口に行くこともありません。

 

一度契約が交わされると、審査結果と一緒に伝えられる利用限度額の範囲内で、借り入れと返済が何回でも行えます。となると、ATMを利用する機会が増えそうですよね。インターネット銀行カードローンのATM利用手数料を調べてみると、0円のところが多くあります。金融機関によってさまざまですので、ほんの一例をご紹介します。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンは、融資・返済ともにATM手数料0円です。
じぶん銀行カードローンは、ゆうちょ銀行、セブン銀行、E-net、ローソン、三菱東京UFJ銀行と提携しており、何時に借りたり返したりしても、何回でも無料です。楽天銀行スーパーローンは、三井住友銀行、イオン銀行、セブン銀行、E-net、ローソンのATMが利用可能で、融資を受ける場合のみ手数料0円となります。ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、その月の1回目となる借り入れと返済にかかる手数料が、それぞれ1回ずつ0円です。

 

簡単借入ができるというメリットは最初だけですので、ATM手数料というランニングコストがどのくらいかかるか、長期的なスパンで検討したいところです。どのくらいの頻度でATMを利用することになりそうかということと、住まいから行きやすいエリアに設置されているか、金利の低さ、その他のサービスのよさなど総合的に判断して決めてみてください。

 

インターネット銀行カードローンは金利の面で比較してみても、大手銀行より有利な傾向が見受けられます。ネット銀行カードローンの場合、住信SBIネット銀行Mr.カードローンは1.89〜7.99%、ソニー銀行のカードローンは2.5〜13.8%、セブン銀行カードローンは15.0%です。

 

大手銀行カードローンでも金利が有利なところを探してみると、みずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」が3.0〜7.0%ですが、利用限度額が200万円〜1,000万円と高額です。同じみずほ銀行カードローンでもっと少額の融資をご希望の場合は「コンフォートプラン」があり、10万円から(3.5〜14.0%)となっています。金利だけを比べるのではなく、利用条件のチェックも必要なんですね。

 

カードローンはいざというときのために契約をし備えておけば、とても心強い味方になってくれる存在です。本当に融資が必要になったときに、あわてて手っ取り早く簡単借入できるところを探すより、少しでも余裕があるときにこそ情報収集を開始し、契約までしておけば、スムーズにお金のピンチを乗り越えていけるでしょう。

 

▲メニューに戻る

リンクバナー