キャッシング 金利

 


中堅キャッシングバナー

キャッシングの金利について

大手消費者金融の平均の年利が大体4.7%〜18%となっているようです
昔に比べればとても金利も下がっている傾向にあり融資のご利用もしやすくなったと思います。

 

しかしここには見方の間違いによって錯覚を起こされている方も多いようです。

 

4.7%〜18%とあった場合
下限金利ばかりにどうも目が行ってしまい金利が安いと思い込んでしまい勝ちですよね。

 

しかし実際はそうではなく
貸付け利率というものは、会社側の審査によって決められる流れとなっておりました。

 

なので4.7%の超低金利に絶対なると思って融資したけれど
結局18%だったという人も多いみたいです。

 

借り入れ希望額や状況、個人情報のデータ照会を基に審査が行われて
決定される仕組みのようですね。

 

誰でもいきなり、申し込んで超低金利になるといったものではなく
大抵の場合は上限金利を見ておく必要性があるとの事でした。

 

それを知らずに下限金利で判断してしまうと、実際の金利について誤解をしてしまう事になります。

 

融資額にもよりますが、多額融資になればなる程、金利は安くなる傾向にあります。

 

なので小額のご利用の場合上限金利が適用されるようになっております為、上限金利を参考にしながらキャッシングされた方が納得いく結果となります。

 

まとめると下限金利は高額融資の時に適用される事が多い。
小額融資では上限金利がほぼ適用されてしまう。

 

誰でも最初に金利の比較を見た時、下限金利に目を奪われ勝ちになると思いますが

 

余程多額ではなく小額で融資をする方であった場合〈50万円以内〉上限金利を見て検討した方が期待外れと思う事もなくなるという事だと思います。

 

簡潔に言うと、高望みはしない方が無難って事なんだと思われます。

リンクバナー

キャッシングの金利について関連ページ

大手の消費者金融ベスト3
キャッシングをするにあたって一番優良かつ安全な会社と言えばどこが真っ先に思い浮かびますか? 消費者金融のランキングサイトなどを見てみるとどれも大体人気の系列は同じように思えました。
キャッシングに使われる金利の計算方法
このような式を使えば借りた金額の金利による利息分をすぐに求める事が出来ます。借入額×金利及び年利)×借り入れの日数÷ 365日計算。さて貴方はいくら支払っている事でしょうか?
自分だけに合ったキャッシング方法を見つけよう
消費者金融、クレジットカード、銀行系ローンと大きく分けてキャッシングは三種類あるのですがどの融資先が通りやすいか又は通りにくいかを勉強してみましょう。
意外に知らない? TVの露出が少ない優良の金融会社
人の情報は目で見て初めて確認出来たと言えます いくらネットで知ったとしても事実性を確認するまでに口コミや評判などリサーチする時間がかかります。