キャッシング 金利 計算方法

 


中堅キャッシングバナー

キャッシングに使われる金利の計算方法

このような式を使えば借りた金額の金利による利息分をすぐに求める事が出来ます。
借入額×金利及び年利)×借り入れの日数÷ 365日計算。

 

さて貴方はいくら支払っている事でしょうか?

 

金利の事をある程度把握しているとキャッシングの際も不安が無くなると思います。

 

ちなみにこちらの計算方法は一括返済の場合のみ使える計算方法のようで、分割やリボルビング払いとなってくると金利計算シミュレーションを用いて計算する事との事でした。

 

詳しくは各金融機関のサイトをご確認されてみて下さい。

 

話は金利についてに戻りますが
金利ってとにかく最初のうちって頭でわかっているようでわかっていない事が多いと思われます。

 

金利についてこの際もう少し勉強しておきませんか?

 

金利とは利子と同義
お金を貸す業者の売り上げとなるお金と言えば簡単だと思いますが
お金を貸す代わりに貸した金額と日数に比例して一定の割合で発生する支払い分とでも言っておきましょう。

 

要するに借り入れ期間と金額の割合によって発生した支払い分
つまり手数料として頂きますよっていう感じです。

 

それがあるから消費者金融は成り立っているわけなんです
でなければタダでお金を貸すだけで利益を得る事が出来なければ会社には無利益となってしまいますからね。

 

このように少しでも金利や利息の事を学んでおくとキャッシングの時に役立つかと思われます。

 

うまく金利を計算して一番お得な融資先を見つけてみて下さい。

リンクバナー

キャッシングに使われる金利の計算方法関連ページ

大手の消費者金融ベスト3
キャッシングをするにあたって一番優良かつ安全な会社と言えばどこが真っ先に思い浮かびますか? 消費者金融のランキングサイトなどを見てみるとどれも大体人気の系列は同じように思えました。
キャッシングの金利について
大手消費者金融の平均の年利が大体4.7%〜18%となっているようです昔に比べればとても金利も下がっている傾向にあり融資のご利用もしやすくなったと思います。
自分だけに合ったキャッシング方法を見つけよう
消費者金融、クレジットカード、銀行系ローンと大きく分けてキャッシングは三種類あるのですがどの融資先が通りやすいか又は通りにくいかを勉強してみましょう。
意外に知らない? TVの露出が少ない優良の金融会社
人の情報は目で見て初めて確認出来たと言えます いくらネットで知ったとしても事実性を確認するまでに口コミや評判などリサーチする時間がかかります。