知ってる?中小消費者金融の存在

知ってる?中小消費者金融の存在

あるデータによると、全国の貸金業者が大きく減少しています。
平成に入ってから、特に平成20年あたりからの大改革ですが、貸金業法の改正がありました。

過払い金返還請求は、それまで高い金利で貸出をしていた金融業者を廃業へと追い込んだと言われています。現在は、利息制限法20%を限界にして営業しなければ、営業停止になってしまうので、薄利多売的な営業という方もいます。

銀行カードローンの台頭

ところが、金融業者、消費者金融の衰退とともに、各銀行カードローンの進出がめざましかったです。
審査は厳しいのですがホイホイと貸出をすることは、銀行にとっても大きな儲けでした。
そこで、ローン審査も甘くなっていったり、各銀行カードローンは多いに盛り上がっていきました。

何が変わった?

消費者金融の減少と銀行カードローンの隆盛では、キャッシングの立場が逆転したという現象が起きました。これもインターネットの普及が大きく、自宅から簡単融資ができる環境が整いました。その結果、簡単にお金を借りられる簡単融資時代の到来です。

そして、消費者金融では限度額が総量規制、銀行カードローンでも引き締めになり、多くを借りられないけれど、審査通過でカードローンが大流行になったのです。

返済できないのなら債務整理

この債務整理のシステムも多くの方に広がっていき、返済が難しいのなら、返済の減額ということが簡単にできるようになりました。ペナルティとしては、大手消費者金融と銀行カードローンは、しばらく申込はしないでね、というもの。

各種ローンもNGで、個人信用情報機関では金融事故になるのですが、返済できないものは法的に対応してくださいというのが債務整理です。

金融事故がないのなら

簡単融資ができますが、金融事故があったとしても中小消費者金融では審査対象になります。
大手消費者金融ではなく、大きく減少した消費者金融の中で、体力があり、大手消費者金融より少し高い金利で零細経営をしているとこは、インターネットを通じて元気です。
また、金融事故がある方には、こうした中小企業の金融業者が助かります。

こちらも貸金業法を守りながら、経営が続いています。
大手消費者金融や銀行カードローンより遥かに多い件数ですが、全国対応の中小消費者金融として頑張っています。個人事業主などは、大手消費者金融では借りられない方も多いです。そのような方にとっては、中小消費者金融は金融事故者ではなく、融通が効く簡単融資ができる金融業者になります。