審査に通らない原因と解決策

審査に通らない原因と解決策

銀行カードローンの自動審査では借りれない。大手消費者金融の審査に落ちた結果はとても早いです。
このような金融機関では、簡単キャッシングができるのですが、貸せませんの審査落ちもすぐに判別できます。

原因その1 申込情報

銀行カードローンも大手消費者金融も審査の過程で、貸せない要件があると審査落ちです。
申込みをするときに、簡易診断などがありますが、そこで借りれない人はまずその金融会社での申込みはしないほうが無難です。

その後は、詳しい審査に突入ですが、収入が少ない、勤務年数が短い、年齢制限などが引っかかると、信用情報の確認前に審査落ちです。

原因その2 信用情報

申込情報は大丈夫。次に信用情報ですが、他社の借入があっても借入ができるのですが、借入件数が多い、返済トラブルがあるなどが考えられます。

すでに他社のキャッシング利用者の場合は、信用情報の金融事故があると、銀行カードローンや大手消費者金融では審査落ちになります。自動審査はコンピュータの方法を使いますから、すべてデータで判断をします。債務整理ものなども、ブラックリスト判断で審査落ちです。

原因その3 在籍確認

在籍確認とは、記載された勤務先に電話を書ける方法が多いです。
申請者は、必ず勤務先の電話番号の記載をしなければならないのですが、そこに担当者が直接電話をかけて、◯◯さんはいますか?と聞くだけが在籍確認です。カード会社では必ず行うのですが、それができないとキャッシングには至らないのです。

現在は、本人確認書類の他に社会保険証や写真付き社員証などで代替在籍確認ができる場合があります。
しかし、とにかくその勤務先に在籍していることが証明されることが、審査情報の要です。

原因克服のために

それは簡単にできないことです。
ちなみに、銀行カードローンや大手消費者金融では勤務年数が短いことでも審査落ち要件になります。
それを簡単に解決することはできませんし、事故情報もなかったことにする問うことは不可能です。

どうしてもキャッシングがしたい銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングがダメなら、中小消費者金融があります。安全な優良中小消費者金融としては紹介されているサイトもありますが、老舗中小消費者金融の株式会社フタバなどが、その代表といえるでしょう。審査情報としては、ブラックでも借りれる可能性があるとのことですが、簡単キャッシングではない、即日融資ではないということです。

提出書類等も大手よりも多いのですが、特に金融事故があっても審査次第でキャッシングができます。
ただし、収入がないとか、延滞している状態での借入ができないのは、他の中小消費者金融も同じです。
契約までに時間がかかったり、カードローンではなく銀行口座に振込む形のキャッシングです。

それでも、ブラックリストでも借りれるとの評判は高く評価されていて、スマートフォンからのインターネット申込みも受け付けています。