大手消費者金融と銀行カードローンに注目

大手消費者金融と銀行カードローンに注目

大手消費者金融のカードローン審査はすごく簡単です。即日融資は当然ですが、1時間の審査時間は魅力的です。必要なものは身分証明書だけというのですから。

ただ、当社審査ということでは、必ず在籍確認があります。これは勤務先に電話をします。
ですから、休日のキャッシングの申し込みについては注意が必要でしょう。

銀行カードローンも簡単

大手消費者金融とほぼ同様なのが銀行カードローンです。
こちらは専業主婦も対象であり、在籍確認ではなく、自分の電話番号にかかってきます。
普通の在籍確認も◯◯さんですね程度のもので、他の社員の場合は、◯◯産いますか?だけで、カードローンの在籍確認であることは告げません。

専業主婦や個人事業主の場合は、今自分の電話にかかってきますから、必ず出るようにしてください。
このときの電話で応対が在籍確認完了になります。

どうしてこんなに早いの?

銀行カードローンも大手消費者金融も自動審査のコンピュータスコアリングシステムだけで審査をしているからです。これは、申込みのデータを入力することで、コンピュータがその方の借入状況や過去の金融事故を判別します。

信用情報をデータだけで判断をするので、結果が出るのも早いのです。
利用者の提出書類は、身分証明書だけで、それも審査通過できた方だけです。
コンピュータスコアリングシステムで、貸せない条件=金融事故があると借りれることができないです。

審査落ちの結果も早い

ですから、簡単キャッシングですが、貸せませんという審査落ちの報告も早いです。
ネットの普及によって、そのスピードが加速したわけですが、金融事故の理由も聞かず、コンピュータの判断だけでキャッシングをするのが大手消費者金融の金融会社です。
銀行カードローンも同じですが、早く借りれるかどうかがわかる点においては、使い勝手が良いです。

大手消費者金融と銀行カードローン

では、この簡単キャッシングは、どちらが良いか?というと、金利では銀行カードローンが低いです。
また、総量規制対象外であり、借入限度額も大きいです。書類の提出は身分証明書だけで同じですが、50万円以上の借入をしたい方は収入証明書が必要になります。

銀行カードローンと決まりと言いたいのですが、審査は大手消費者金融の方が甘いです。
金融事故がない、ブラックリストではないことは最低条件ですが収入や属性などでは、銀行カードローンの方が細かな審査になるようです。パートやアルバイトでも申込みができるのですが、審査に有利と言えばも正社員です。

専業主婦は無条件で審査通過ですが、こちらは金融事故がない人で、最初から利用限度額が決まっています。高くても50万円です。借りやすいのは大手消費者金融ですから、銀行カードローン審査落ちになったら、大手消費者金融という方も多いです。どちらも審査通過ができるのなら、数時間で現金が入手できる手軽なキャッシングです。