簡単にお金を借りる方法

WEB完結申込が最短でカンタン

キャッシングは非常に簡単です。
インターネットの登場は、それを簡略化したといえるでしょう。

カードローンはどこでも申し込める

大手消費者金融や銀行カードローンの場合ですが、“WEB完結”申込ができるのであれば、身分証1つあれば申込みができます。

金融機関や金融業者のホームページの専用フォームに必要事項を入力して、本人確認のための身分証は添付処理でOK。在籍確認も社員証などがあれば、それで良いのであれば、本来行う在籍確認の電話なしで、入金まで1時間足らずでキャッシングが完了します。

ホームページの試し審査がOKなら

試し審査は、各サイトでお試しとか予備診断と言うような言葉を使われます。
そこで、次に進めるのなら良いのですが、そこで進めないのなら、今回の申込は諦めたほうが良いです。
この試し審査なら、キャッシングができる金融業者では必ずと言ってあるものです。

大手消費者金融や銀行カードローンだけではなく、最近ではインターネットで申込ができる中小消費者金融でも採用しています。内容は、年齢と年収と他社借入件数などです。

最低限の情報ですが、ここで

  • 未成年者や条件に合わない高齢者
  • 他社借入件数の多さ
  • 他社借入金額が年収の3分の一以内かどうか
  • この条件だけでも、金融業者での審査が通るかどうかがわかるのです。
    ホームページには別に返済シミュレーションなどもあり、借りるどうかの検討材料になります。

    電話だと恥ずかしい

    電話でお金を貸してほしいと言うのは、実は恥ずかしいと感じる方も多いです。
    特に女性の場合は、相手が男性ですと話しづらい方も多いですが、消費者金融などでは、女性のためにレディースローンの専用電話を用意している場合もこうした理由からです。

    女性向けカードローンは人気があります。
    絶対に女性が電話口に出ると分かれば、申込もしやすいです。
    しかし、それ以上にインターネットであれば、話す必要もなく、手軽です。

    今やインターネット申込は主流

    すべてインターネットで対応ができる。
    振込もネット銀行やネットバンキングがあれば、振込キャッシングもらくらくです。
    借り入れがこんなに簡単にできるのならと、ついつ使いすぎてしまう場合もありますが、そこは自己責任の範疇です。本人確認書類とインターネット環境、カードレスであれば振込先の銀行口座が準備OKです。

    属性について

    専業主婦や無職は消費者金融は申込めませんが、銀行カードローンなら手続きができます。
    限度額は決められていますが、在籍確認もなしでスピード審査ですぐにキャッシングができます。

    ただし、個人信用情報機関の確認でOKが出ればの話です。
    多重債務や総量規制限度額などで不安のある方の場合は、簡単申込も困難ですし、審査落ちの心配もあります。カードローン会社によって審査に差はあるものの、この申込が2社目、3社目の方は、最短◯分の審査は無理かな?