簡単融資

簡単融資してくれる消費者金融会社


簡単融資ということになると、消費者金融会社のローンになるでしょう。大手消費者金融会社でしたら、カードローンが狙い目です。

お金を借りるとなると銀行はどうなの?と、思いがちです。銀行もお金を融資することで、利息が重要な収益となるのですが、口座開設者からお金を預かっている関係上、どうしても融資に対して慎重にならざるをえないのです。ですから、返済能力の高い人でないと、カードローンの融資をすることはないでしょう。

原則として、正規雇用されている人で、他社借入れのない人というのが銀行カードローン審査、あるいはキャッシング審査の条件となっているのです。銀行の場合は、預金者からお金を預かって、集中的に資産運用ができるので、無理にお金を個人に融資しなくても…という認識だと言えるでしょう。

もっとも、メガバンクも地方銀行も近年のゼロ金利、マイナス金利などの影響で経営体質が疲弊しているので、融資に対してハードルが低くなっているのでは?という指摘もあります。ですから、属性が低いと思われる人でも、まずは、銀行カードローンに申し込みをしてみるのも一つの方法です。審査に通れば、ラッキーという気持ち程度でいいでしょう。

審査に落ちるようでしたら、そこから消費者金融会社などの貸金業者のカードローンあるいは、通常ローンに融資の申込みをするようにします。簡単融資ということでしたら、お金を貸すことに特化している、消費者金融会社のカードローンの使い勝手がいいのでお勧めです。

特に大手消費者金融会社のカードローンでしたら、各都市に無人契約機が設置されています。ですので、この無人契約機を利用すると、24時間365日いつでもカードローンに申し込みができて、いつもでキャッシングができるのです。

もちろん借りすぎには十分注意して、綿密な返済計画を立てなければいけません。そのときの資金繰りに困ったからといって、消費者金融会社からお金を安易に借りても、後で返済がくるしくなった。ということのないようにしなくてはいけません。

消費者金融会社の無人契約機になると、申込みに対して自動審査が導入されているので、審査スピードも速くて、スピードキャッシングが、実現可能です。もっとも、審査について属性が低ければ、利用可能枠を抑えられる可能性もあるので、注意が必要です。

いずれにしても、簡単融資でしたら、消費者金融会社のカードローンが一番でしょう。もっとも、大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社でしか、カードローンは取り扱っていません。無人契約機についてはアコムやプロミス、アイフルにレイクといった、大手消費者金融会社でしか設置されていないので、24時間365日、いつでも簡単融資というのでしたら、大手消費者金融会社のカードローンを利用するしかありません。

問題になるのが、大手消費者金融会社の審査基準です。銀行よりも審査は甘めですが、それでも消費者金融会社全体の中では、大手消費者金融会社のカードローンの審査基準は、もっとも厳しくなっているのです。ですから、他社借入れの多い人で多重債務に陥っている人、さらには、滞納や延滞経験のある人でしたら、大手消費者金融会社のローン審査に通る方法は少ないかもしれません。ローン会社ですから、返済能力が低い人には大手消費者金融会社も融資に慎重になるのです。

多額のお金を借りるとなると、消費者金融会社の中でも、大手の貸金業者に融資の申込みをするしかないのですが、そのときは個人事業主であれば事業計画書を作成して、事業者ローンあるいはビジネスローンに、ローン申込みをするといいでしょう。また、個人で不動産などの資産があれば、不動産担保ローンであれば属性が低くても借りることができると思います。

少額の融資でよければ、クレジットカード会社が発行するクレジットカードのキャッシング機能を使って、借りるのが一番手っ取り早いと言えます。もっとも、借りても数万円程度でしょう。一般的には2,3万円借りて、次の引き落とし日にすぐさま返済するといいと思います。

一般的に、消費者金融会社の審査スピードは速いです。ネットの広告などでは、30分スピード融資と書かれていることもあります。もっともこれは、属性に問題がない場合、特に他社借入れがなく延滞や滞納の履歴がなく、安定した収入があれば、スピード融資をしてくれるでしょう。そういった情報がすぐに入手できるのは、信用情報機関からすぐに申し込み者の与信情報などが紹介できるからです。

銀行や消費者金融会社の多くは、こういった信用情報機関に加盟しているので、個人のお金の貸し借りの状況などを、即座に紹介できるのです。ですから、属性に問題がなければ、スピード融資も可能ということですね。

銀行の場合は、審査ですぐに落とされることが多いのですが、消費者金融会社の場合は属性の低い人が、50万円の融資の申し込みをしても、満額回答は得られずに、30万円までなら融資可能といったように、少しでも、お金を融資しようと努力してくれるのです。

ですから、自分の属性が低いから融資を受けることができるかどうか微妙といった場合は、融資の申込みをせずに、まずは消費者金融会社の窓口に、相談に行くといいでしょう。こちらのほうが、本人確認がすぐに取れるので、審査に通る可能性が高くなります。

電話一本で簡単融資


電話一本で振込んでくれる消費者金融会社があります。少額融資に限られるかもしれませんが、自宅にいながら電話一本でして、口座に振り込んでくれる…そのような簡単融資のサービスをしてくれる、消費者金融会社もあるのですから、便利ですね。

もちろん新規での融資の申込みでしたら、それほど簡単に融資をしてくれないでしょう。少なくとも、多少の時間はかかるはずです。すでに、何度も借りていて、それについてきちんと延滞せずに完済しているといった、利用者本人と消費者金融会社である貸金業者の間に、お金の貸し借りについての信頼関係ができていたら、電話一本での簡単融資が可能となるのです。

メールやWEBでの申込みでしたら、メールのみについては簡単融資は難しいかもしれません。WEBでしたら、会員専用のサイトからの申込みでしたら、可能でしょう。大手に限らず、WEBのみでの融資にしか、対応していないという消費者金融会社もあります。主に中小消費者金融会社ですが、対応がWEBのみというところで、人件費を抑え、余計な対応がないだけ、スピード融資や簡単融資といった、貸付けができているということですね。

また、大手消費者金融会社よりも、中小消費者金融会社のほうが、審査スピードが速い傾向にあるのも見逃せません。電話一本で簡単融資となると、大手消費者金融会社では対応してくれないのですが、中小消費者金融会社でローンを利用して、しっかりと返済することで、信頼関係を構築すると、次からの簡単融資につながるということになるのです。

簡単融資でお金を借りすぎると


お金を借りるということは、それについて返済しなくてはいけないということです。ですから、お金を借りる際には先のことも考えなくてはいけません。つまりは、返済計画ですね。

なんとかなるだろうというのは、他に債務などがなければ大丈夫かもしれませんが、中には、返済するために融資を受けるといった人もいます。そういった人は、「なんとかなるだろう」というよりは、なんとかしなくてはいけない人です。しかし、そこまでの意識を持っていなければ、途端に多重債務から返済不能となり、ブラックとなってしまうことでしょう。

最近の簡単融資は、ネット申込みなど申込み方法も手軽になっています。つまりは、借りやすい環境となっているのです。ですから、借りやすいのをいいことにどんどん借りてしまって、返済のほうが大変になって追いつかない、返済不能になるといったことが、ないようにしなくてはいけません。実際に返済不能となって、延滞を重ねて、結果的に金融事故を起こして、ブラックになる人も少なくないのです。

金融事故を起こしてしまうと、債務整理か自己破産のどちらかを選択しなくてはいけません。自己破産も望めばできるというわけではなく、資産があれば差し押さえになりますし、手持ち資金が全てなくなる可能性もあるのです。ですから、もしものときでも、できるだけ債務整理の道を探ったほうがいいでしょう。

簡単融資の方法


簡単融資ですから、まずは消費者金融会社のローンの、利用申し込みをしておかなくてはいけません。そのときに、所得証明書などの書類が必要です。

独自審査をしている消費者金融会社でしたら、本人の在籍確認と所得証明書があれば、審査に通るのも難しくはありません。審査に通ると、申し込み者名義の指定口座に、申込金額が振り込まれることとなります。それ以降は、あらかじめ決められた、返済金額を返済していくことになります。

中小消費者金融会社でも、会員専用ページがあって、本人でしかアクセスできないようになっています。そこから、追加の融資を申し込むこともできますし、出先でしたら、専用ダイヤルなどの、電話一本でキャッシング融資をしてくれるのです。この場合も、あらかじめ指定している口座に、お金が振込まれることになります。

今は、誰でもスマートフォンと持っていることでしょう。これもパソコンと同様ですから、会員専用ページにログインして、キャッシング申請をすれば、簡単融資をしてくれます。消費者金融会社の中には、WEBでしか対応しないところもありますが、専用ページがありますし、必要なら電話でのサポートもしてくれるので便利ですよ。

簡単融資が便利


使い勝手の良さでしたら、消費者金融会社のローンが一番でしょう。特に中小消費者金融会社や、街金といった貸金業者と信頼関係ができれば、電話一本での、簡単融資にも応じてくれます。ただし、こういった対応をしてくれるのは、中小消費者金融会社なのですが、営業時間内でのみの対応となっているのです。

多くはカードローンに対応していないので、カードローンに対応しているのは、大手消費者金融会社ですから、カードローンのローンカードを持っていたら、融資限度額内でしたら、いくらでも簡単融資が利用可能です。カードローンの場合は気をつけないと、借金癖のある人は、融資限度額まで借りることができるということで、すぐにその金額まで、お金を借りてしまうのです。

返済すれば、融資可能限度額に空きが出ますから、またすぐに、その空きの金額だけ借りてしまいます。そうなると、いつまでたっても完済できないということになるので、その点には十分に気をつけなくてはいけません。簡単融資の落とし穴ですね。