キャッシングの金利について

キャッシングの金利について

大手消費者金融の平均の年利が、大体4.7%~18%となっているようです。昔に比べればとても金利も下がっている傾向にあり、融資のご利用もしやすくなったと思います。しかし、ここには見方の間違いによって錯覚を起こされている方も多いようです。

4.7%~18%とあった場合、下限金利ばかりにどうも目が行ってしまい金利が安いと思い込んでしまい勝ちですよね。しかし、実際はそうではなく貸付け利率というものは、会社側の審査によって決められる流れとなっております。

なので、4.7%の超低金利に絶対になると思って融資したけれど、結局18%だったという人も多いようです。借り入れ希望額や状況、個人情報のデータ照会を基に審査が行われて決定される仕組みのようですね。

誰でもいきなり、申し込んで超低金利になるといったものではなく、大抵の場合は上限金利を見ておく必要性があるのです。それを知らずに下限金利で判断してしまうと、実際の金利について誤解をしてしまう事になります。

融資額にもよりますが、多額融資になればなる程金利は安くなる傾向にあります。なので、小額のご利用の場合上限金利が適用されるようになっております為、上限金利を参考にしながらキャッシングされた方が納得いく結果となります。

まとめると、下限金利は高額融資の時に適用される事が多い。小額融資では上限金利がほぼ適用されてしまう。誰でも最初に金利の比較を見た時、下限金利に目を奪われ勝ちになると思いますが、余程多額ではなく小額で融資をする方であった場合〈50万円以内〉上限金利を見て検討した方が、期待外れと思う事もなくなるという事だと思います。簡潔に言うと、高望みはしない方が無難という事でしょう。