ネットでお金を借りる

すぐにでもお金を借りたいけど


すぐにでもお金を借りたいときはどうしたらいいでしょうか。「すぐに」と付くと、お金に困っているのは当然のことなのですが、足元を見られることも考えられるので、それはあまり表に出さないようにしましょう。

特にネットで困っていることを発信してしまうと、ヤミ金などの違法業者から続々と連絡が来るようになります。お金が必要というのと、お金に困っているというのは似ているようで違います。ですから、お金に困っているという素振りは極力みせないようにして、お金が必要なんだけど…といったスタンスのほうがいいでしょう。

それで、お金を借りようと思ったらどうしたらいいのでしょうか。まずは、銀行カードローンで借りることができるかどうかを模索してみるのが最善の方法です。というのも、銀行カードローンの金利が低いことが一番の理由です。お金はどこで借りてもお金の価値は変わりません。それなら、少しでも金利の低いところで返済利息が少なくなる方法を考えるのが常套手段だからです。

また、銀行などの金融機関で借りるのは何も後ろめたいことはないのですが、一方の消費者金融会社などの貸金業者で借りるのは、どこか後ろめたいものがあるのも事実です。お金に困っている、お金がない…といったことを思われることも多いことでしょう。それと、どうしても昔のサラ金にイメージを現在においても引き継いでいるので、消費者金融会社イコールサラ金といった風評は、これからもついてまわることは間違いありません。ですから、借りるなら、まずは銀行カードローンを考えるようにしたいものです。

一方で、銀行カードローンの審査は厳しいことで知られています。そのため、誰でも気軽に融資の申込みをしても審査に通らない人が出てくるのです。属性の高い人でしたら、銀行カードローンの審査に通るかもしれませんが、属性に低い人でしたら、銀行カードローンの審査に通ることは難しいでしょう。

この属性というのは、お金の借りやすさの尺度と考えていいでしょう。つまり、属性が高いと信用度が高い、さらには返済能力があるということになります。反対に属性が低いと信用度が低い、返済能力が低いということになります。お金を貸す側がこれを考えるときは、属性の高い人に貸したいと思うのは間違いありません。銀行の場合は特にそれが顕著なのです。

銀行の場合カードローンの原資は預金者から預かったお金ですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないという意識が強いのは間違いないでしょう。それと、個人向けの融資、それもフリーローンに積極的ではなかったこれまでの経緯もあるのです。それがカードローンの取扱いを始めると、メガバンクを中心に大々的にカードローンを売り出したのも記憶に新しいところです。

それでも、あれだけ銀行カードローンが即日融資を売り出していたのに、最近ではそういった文言を見ることがなくなりました。これはいったいどうしたことでしょうか。答えは銀行カードローンの審査の行程が増えたことが理由です。警察庁のデータベースへのアクセスですね。これは、警察庁からの通達で、不正融資を防止するための施策の一貫なのです。銀行カードローンの融資申込者に対して、警察庁のデータベースに照会するのです。その照会情報を得るのが当日では無理となったので、必然的に即日融資ができなくなったということですね。

消費者金融会社のカードローンは警察庁のデータベースの照会はしなくてはいいということですから、引き続き即日融資はできます。ですから、すぐにでもお金が欲しい、必要というときは消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。

レディースキャッシングというのがありますが、文字通り女性専用のローンです。これは男性というか一般のローンとは何が違うのでしょうか。気になる人もいることでしょう。このレディースローンですが、内容は一般のローンと何も変わりません。金利で優遇されているということもないのです。それでは何が違うのかというと、女性専用の窓口があるということですね。対応するスタッフも全て女性です。ですから、女性にとってはお金を借りる際に、男性スタッフとやり取りをしないで済むという安心感があるのです。

お金を借りるときは誰でも不安になるものです。女性なら特にそうでしょう。ですので、金利や融資限度額などに違いはありませんが、女性専用の窓口が用意されていること、そして全て対応するスタッフは女性である、ということがレディースローンなのです。

サービス内容に変わりはないといっても、女性が対応するのですから、柔らかさや優しさがあるのは間違いないでしょう。借りる側に恥ずかしさを感じさせない心配りがあるのも嬉しいところです。電話での対応も専用ダイヤルですから、もちろん女性となります。家計の相談から教育費、今月の窮状などを相談してみるのもいいでしょう。こういったところが一般のカードローンと違うところです。

金利などは変わらないので、一般ローンを利用する男性が悔しがる必要はないでしょう。主婦の利用も多いようですが、自分の属性のみで申し込みを行うのでしたら、いいのですが、世帯収入で申し込むときはご主人の同意が必要です。ばれないように…というのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

特にバレずに借りる方法というのがネットによくあがっていますが、おそらく不可能でしょう。銀行や消費者金融会社も確認の電話を入れることもあるようですから、世帯収入でお金を借りようとする場合には、まず間違いなく世帯主に知られるということは覚えておいたほうがいいでしょう。

銀行はともかく、消費者金融会社には様々なローンがあります。銀行カードローン並に厳しいのが消費者金融会社のカードローンですが、それ以外の中小消費者金融会社のローンでしたら、融通を効かせてくれるローンもあるかもしれません。収入証明書の必要のないローンなどもありますし、家族の同意が必要かどうかも事前に確認しておくといいでしょう。

ネットでお金を借りる


現在はネットでお金を借りることができます。つまりは、家にいながらにしてお金を借りることができるということです。

もっとも、急いでいるときは自分から積極的に動いたほうが良い場合も多いです。特に消費者金融会社のカードローンを利用する場合でしたら、申し込み方法も多彩です。もちろんWEBで融資の申込みをして、審査が通れば申込者の指定口座にお金を振り込まれるといった、完全にWEBで完結するような、お金の借り方もあります。

一方で、大手消費者金融会社のカードローンでは、多彩な融資の申し込み方法を用意しているのです。アコムやプロミス、レイクにアイフルといった大手消費者金融会社では、主要都市の各地に無人契約機を設置しています。ネットでお金を借りるという方法とは真逆の方法になりそうですが、お金をすぐにでも借りたいという人にとっては、とても有効な方法なのです。

大手消費者金融会社の自動契約機で融資の申し込みをすると、通話で大手消費者金融会社の融資担当スタッフと会話をしながら申し込みを行うようになります。一般的にカードローン会社というのは、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社になります。他にカードローンを取り扱っているのは一部の中小消費者金融会社となります。カードローンも全国的な規模になるので、業容の大きな消費者金融会社でないと運営ができないのが、大きな理由です。

ネットでもそうなのですが、カードローンの申し込みには本人確認書類が必須です。これは運転免許証あるいはパスポートがいいでしょう。写真付きなので本人確認が容易だからです。WEBからの契約でしたら、WEB完結が基本となるので、本人確認書類はコピーしたものをFAXで送るか、スマホなどで撮影した画像をメールで添付あるいは、申し込みフォームから送付するようになります。

WEBでの申し込み方法は簡単ですし、わからなければ電話でのサポートもあります。カードローン契約の多くがWEBからの申し込みとなっているのも、簡単なところが要因になっているのは間違いありません。また、お店に行って対面での申し込みとなると、気が引けるといった人にとってWEBでの申し込みというのはとても便利だと思います。

カードローン契約となると、ローンカードが必要になるのですが、これは消費者金融会社の各営業所あるいは本社から後日郵送されることになります。すぐにお金が必要な人が多いと思うのですが、消費者金融カードローンでは、振込キャッシングにも対応しているので利用するといいと思います。

というよりも、最初の融資はローンカードが後日発送となるので、銀行振込が基本のようです。無人契約機での申し込みの場合は審査通過後に、無人契約機からローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMや銀行ATMで、すぐにでもキャッシングができるのが嬉しいところです。

ネットでお金を借りるには


ネットでお金を借りるのも、対面で融資の申込みをするのもそれほど変わりはありません。手続きの流れにそれほど大きな違いはありません。

WEBの場合はどうしても片側通行になってしまうので、契約書を取り交わすまでに時間がかかるのは間違いないでしょう。事前に必要書類をしっかりと揃えておかないと、さらに時間がかかることになるので、事前に必要書類は確認しておく必要があります。

カードローン契約の場合は大手消費者金融会社が融資元となるのですが、どの大手消費者金融会社もWEBでも申し込みを完備しています。どれもWEB完結ができますし、WEBでありながらもスピード融資をしてくれるというのですから心強いと言えます。申し込み方法は変わりませんし、何かわからなければ営業担当者に聞くといいでしょう。

最初の融資は振込キャッシングとなることが多いので、できれば、その日のうちにお金を受け取りたいので、銀行の営業時間内までに審査が終わって消費者金融会社から振込してもらえるようにしましょう。そのためには、朝の早いうちにネットから申し込み手続きをするようにしたいものです。

ネットで借りると便利


ネットでお金を借りるというのは、家にいながらにして融資を受けることができるということです。大手消費者金融会社は、無人契約機、店舗、WEBといったように様々な申し込み方法を準備しています。他の消費者金融会社もそうなのですが、中小消費者金融会社では経費節約のために、WEBのみでしか融資の申し込みをしていないといったところもあります。

もっとも、WEBからの申し込みが現代の潮流となっているので問題はないでしょう。特にネットから申し込みができるということは、全国どこからでも融資の申し込みができるということですから、店舗が遠いといった人にはとても便利なのは間違いありません。

ネット環境のない人は?


ネット環境がないといっても、スマホがあればネットでの申し込みが可能です。それも難しいとなれば、お店に行くしかありませんし、電話での対応が可能な消費者金融会社もあるので、そういった消費者金融会社を探すのも一つの方法です。

また、郵送での申し込みができるので、時間はかかりますが、すぐにお金が必要というわけでなければ、郵送で融資の申込みをするといいでしょう。どの方法が審査に通りやすいといったことはありません。

ただし、本人確認や本人の人柄がわかるといった点で、店舗での対面の申し込みが審査に通りやすいといった説もあります。