ネットキャッシング、中小消費者金融では審査は甘い

ネットキャッシング、中小消費者金融では審査は甘い

お金を借りる方法はネットキャッシングが便利です。

インターネットで申し込める

申込でインターネットが駆使できるのはとても手軽なことです。
若い方だけではなく、専用フォームがあると、誰でも簡単に入力することができます。
消費者金融も銀行カードローンも今やネットで対応しているところが多いです。

カード発行ができるまでは、銀行口座に振込されますが、これもネット銀行で利用できたりします。
電話で申込とか、FAXでいうより、ネットキャッシングが断然簡単です。

審査が甘いのか?

各金融業者よって全く違います。ネットキャッシングの審査が甘いのではなく、甘い審査の貸金業者がネットキャッシングをしているというのが正解でしょう。

以前行っていなかった中小消費者金融などの貸金業者もインターネットでも申込サービスができるところが多くなってきました。それでは困る方は、電話での対応ももちろんしています。

申し込みがネットか電話か選ぶことができます。
多分、中小消費者金融に行くと、より借りやすいのは確かでしょう。
どの金融業者の審査が甘いかなどの情報は、口コミ情報などを参考にしてみてください。

大手カードローンと中小消費者金融の共通点

ネットキャッシングの点では共通していますが、申込の次の審査の時点では全く違います。
審査内容の共通点としては、

  • 収入があること
  • 総量規制限度額に余裕があること
  • 延滞していないこと
  • です。

    これは大手も中小も同じ審査内容で、甘いとされる中小消費者金融でも1つでも当てはまらないと審査落ちです。審査では、返済ができる人が原則ですが、中小消費者金融ではハードルが下がります。
    しかし、その中でも誰でも良いのではなく、しっかりと審査があります。

    中小消費者金融の審査が甘いわけ

    もともと審査内容が違うことが大きいです。
    専業主婦なども配偶者貸付で対応、ブラックでも収入証明書、本人確認書類などの提出書類と契約書が必要です。ネットキャッシングだけど、提出が多いのですが、そこまでしてても、大手消費者金融で借りれない人でも対応しています。

    借入限度額があれば、一応詳しい審査をした上ですが、キャッシングの可能性はあります。
    ブラックの内容が深刻なほど審査時間は長くなりますが、中小消費者金融の即日融資はあまりないですし、ブラックは最初から無理な話です。甘いと言うか、それぞれの自主審査で、客を獲得していると言った方が良いでしょう。

    大手消費者金融と一緒の審査だとしたら、客は皆大手消費者金融にいってしまうというのも本音です。差別化は必要なことです。それが申込者にとっては、甘い審査として借りやすい金融業者になります。

    ネットキャッシング全体が審査が甘いのではなく、甘い中小消費者金融を選択することが必要ということです。ブラックリストでも中小消費者金融の審査が通ることは考えられ、ネットキャッシングで簡単に申し込みも可能です。