専業主婦ならネット銀行でネットキャッシング

専業主婦ならネット銀行でネットキャッシング

専業主婦は、ネットキャッシングの幅が狭いです。
無職、失業と同様に見られてしまうのですが、銀行カードローンは可能です。

おすすめはネット銀行

楽天銀行、イオン銀行カードローンなどは専業主婦もありです。
それも夫の収入は無関係で、自分だけのネットキャッシングができます。

大手消費者金融もこの専業主婦は対象外。
カードローン契約もできないですが、中小消費者金融だけは配偶者貸付の形で、ネットキャッシングは可能です。しかし、私だけのネットキャッシングは無理。総量規制範囲内は夫と同じものを使用します。

まずは準備

ネット銀行のネットキャッシングは、普通預金口座を作っておくととても便利です。
この時大手銀行や地方銀行のネットバンキングではなく、店舗のないネット銀行が特にお勧めです。

大手ネット銀行の楽天銀行カードローンなどではポイントもたまったり、イオン銀行はお買い物ついでにATMが使えます。それぞれに店舗やポイントカードを使っていると審査に有利との話もあります。

マイページからの借り入れも繰上返済なども楽にできます。
口座開設は絶対です。専業主婦は在籍確認がないので電話連絡は自宅にきます。
ジャパンネット銀行や新生銀行カードローンは夫の勤務先ということで、マイネットキャッシングは難しいです。楽天銀行はたまに、金利半額キャンペーンも行ったりしています。

ちなみに上限金利は14.6%と銀行カードローンでも低めです。
使い勝手は最高です。総量規制もないのですが、専業主婦は50万円が限度額です。

金融事故は大丈夫?

ネット銀行の審査は決して甘くないのですが、専業主婦で在籍確認や職場情報が不要な点でポイントは大きいです。難易度が少し減少します。
普通預金口座を持っている預金者、銀行のサービス内容を使用していることでお得意さん。
そんなことで、少しは甘い審査になっているといえます。

しかし、金融事故があると専業主婦は得に一発アウトです。
自信に収入がないことで、他社借入などがあっても、審査はぐんとハードルが上がることになります。
キャッシング返済のトラブルがあったり、ブラックリストだと審査は通りません。
これ申込者全員ですが、金融事故に関しては、銀行カードローンの審査は特に厳しいです。
専業主婦の場合、もともと限度額が少額設定ですから、多重債務にも暗雲が立ち込めます。

キャッシング利用者の場合は、まずは完済してから、改めてネット銀行のネットキャッシングに行くことをお勧めします。その返済のための申込というのなら、最初から審査落ち決定。個人信用情報機関ですべて確認済みです。