専業主婦でも夫の収入証明書があれば銀行カードローンが持てる

主婦のキャッシング事情は、収入の有無で決まります。

主婦のキャッシング事情は、収入の有無で決まります。夫がいる身分では同じですが、有職と無職があり、キャッシングでは有職の場合は、主婦であることはあまり関係がないです。

要するに、契約者に収入があれば、独身でも婚姻していようが無関係です。
キャッシングにおいて、主婦がと話題になるのは、夫の収入で生活をしている専業主婦でしょう。

専業主婦で申込できるのは銀行カードローンだけ

消費者金融は、無収入の方は主婦でも審査対象にならないです。
たとえ、パートでもアルバイトでも年収がなくてはならないです。

銀行カードローンでは、専業主婦も借入ができるカードローンがありますが、中には専業主婦がお断りのカードローンもあります。必ず専業主婦OKのものをご確認ください。

専業主婦のキャッシング事情

様々なパターンがありますが、生活費だったり、夫に内緒で自由にしたいお金、交際費などで、専業主婦もお金を使う機会は多いです。クレジットカードは持っているけれど、カードローンは持っていない方は多いかもしれません。

これは、クレジットカードにしても、最近では専業主婦は夫の収入証明書が必要であり、簡単に作れなくなりました。そして、キャッシングになると、専業主婦が契約者となり、夫の収入証明書なしで借りれるところが限定されています。以前は簡単だったのですが、専業主婦のキャッシング事情は厳しくなっています。

独身時代のキャッシングを引き継いでいる?

多分、これは完全な違反です。
名前が変わっていることで、独身の自分はこの世からいないことになります。
ですが、そのままの名義で、専業主婦が普通にキャッシングしている口コミもありました。
とても危険な行為ですから、名義変更手続きをする事をおすすめします。
当然、収入がないので、独身時代のようなキャッシングができない方続出でしょう。

クレジットカードの名義も同様ですが、銀行口座の名義変更手続きはしますよね。
クレジットカード、キャッシングも同じ金融関係であり、個人信用情報機関の内容にも大きく関係します。これはしないほうが良いです。

夫に一定の収入があれば

専業主婦のキャッシングでは、夫に収入があれば問題ないことが多いです。
多少面倒なだけで、夫の同意書も必要ではないです。
これは、銀行カードローンの場合で、夫の収入証明書があれば、少額の契約ができます。

同じような中小消費者金融の配偶者貸付とは、違います。
こちらは夫の総量規制範囲内も専業主婦のキャッシング範囲内に入ることで、夫の同意書がなくてはならないのです。しかし、銀行カードローンでは、専業主婦が契約したときに、返済能力がその世帯にあることを確認するためです。ですから、配偶者貸付の審査とは違い、夫に内緒の銀行カードローンが専業主婦でも持てることになります。

もともと、銀行カードローンでは、専業主婦の専用枠があります。
そこに、新たに夫に本当に収入があるかを提示しただけと思ってください。