主婦 キャッシング 審査

専業主婦のキャッシング情報

カードローン、キャッシングなどの申込みの時、肝心なのは職業です。
消費者金融では収入を伴う仕事をしていることが条件です。

ここに、無職、家事手伝い、専業主婦と書く事はできません。
なぜなら、そう記入してしまうことで、審査落ち決定、借りることができないからです。

銀行カードローンの例外

銀行カードローンだけは職業で専業主婦はOKです。イオン銀行、楽天銀行、ソニー銀行カードローンのネット銀行の他、大手の銀行ローンも審査が通ります。

銀行では、専業主婦は収入が無いことを承知で、利用者になることができます。
この場合、配偶者の情報は必要ありません。

専業主婦でカードローン申込ができるのは銀行だけです。
無職は当然ですから、限度額は決まっています。20万円から50万円程度です。

大手消費者金融はNG

大手消費者金融は、銀行カードローンとは違い、専業主婦の審査対象はありません。
プロミス、アイフルなどの有名どころは、どんな形でも収入がなければならないのです。
ですから、パート主婦、アルバイト主婦、そして正社員などは審査対象になります。

専業主婦以外の収入があることが条件です。
職業は、主婦ではなく、収入を得ているものを記入することになります。
主婦のパートは、フルに働くのではなく、大した収入がない方も多いでしょう。

しかし、大手消費者金融では、キャッシング可能。
総量規制で年収3分の一以内でカードローンを利用することができます。
ちなみに、配偶者の存在は無関係であり、夫に内緒で作ることができます。

消費者金融でも借りられる?

専業主婦が消費者金融でキャッシングができるのには、条件があります。
総量規制が設定できない専業主婦は、配偶者の年収でキャッシング審査を受けることができます。
大手消費者金融ではないのですが、中小消費者金融や中堅消費者金融、街金と言われる金融業者です。
配偶者貸付の制度があれば、専業主婦でもキャッシングができます。

この時、夫婦ともに信用情報が審査され、配偶者の同意書が必要です。
内緒のキャッシングはできないのですが、申込者が専業主婦でOKです。審査の甘い中小消費者金融ですが、さすがに2人ともにブラックだったり、信用度が低い金融事故がある場合には審査落ちです。

専業主婦は、貸金ができるところは限定されています。
銀行カードローン審査はブラックではない限り、キャッシングができます。
収入がなくても借りられるのは銀行法によるものです。

配偶者貸付を利用する際には、配偶者の同意が必要で、2人共通のキャッシングになります。
つい使いすぎてしまい総量規制いっぱいになるスピードが早いと言われています。

レディースローンのススメ

レディースローンは、各金融会社や金融業者が女性をターゲットとしたキャッシングを提供しています。
そこでのメリットとしては、女性スタッフの応対を受けられることです。

消費者金融ではほとんど存在

女性客拡大のためのレディースローンは、主婦などがキャッシングしやすい窓口を作っただけと考えて良いでしょう。特典などは別になく、審査条件の優遇などもありません。専業主婦特別枠などもないのですが、お金を借りることに抵抗を感じることなく、どんな話しもどうぞと言った感じです。

実際、女性に有利なことはないのですが、“審査のシステムなどを丁寧に教えてくれる”“言葉などが親切”と言ったメリットは感じられます。

申込者が安心できる

これは大きなメリットの一つです。
金融会社でのシステムは、情報も多いですが、いざ申込みとなると緊張します。

最近では、流通系銀行などもインターネットで簡単に申込めますが、不安なことがあると、これで良いのか?と思うこともあります。主婦では、本当に夫に内緒で借りられるか?と質問をする方もいるようです。

インターネットで申込みをしてしまうと、その回答が得られないので、後々まで不安で仕方ないと思う方も多いといいます。銀行系のカードローンではあまりないレディースローンですが、消費者金融では、女性大歓迎のレディースローンを用意しています。

審査で特別扱いはないけれど

金融機関で審査優遇はなしです。限度額も借り入れ条件も同じです。
しかし、応対が男性と女性では、話し方から違います。

親切な女性スタッフが必ず電話口に出るという安心感は、女性にとっては大きな安心感です。
審査についての話しも教えてくれますし、在籍確認を女性に依頼することもできます。
男性からの在籍確認はちょっとまずいということもいえます。

パート主婦がカードローンの申込みをする時、在籍確認が男性で会社内で噂がたつということがあります。在籍確認では、◯◯サンはいますか?とプライベートな内容です。夫ではない男性から電話があったわよと同僚に言われて、夫に内緒で借りたカードローンの場合、非常にまずい状態になります。

これが、レディースローンに申し込むことで、在籍確認も女性です。
適当に知り合いだとごまかしたとしても悪い噂がたたないでしょう。

ローン利用者が実感するレディースローンの充実さ

女性のための女性によるキャッシングができることは、大きなメリットです。
ある消費者金融では、取立電話なども女性が担当者になるようです。

お金を借りる、返済する、ちょっと返済ができない、質問がある。消費者金融やローンについてのいろいろを女性が対応してくれる、これはレディースローンならではのことです。お金を借りたい主婦、女性ならレディースローンの利用は絶対にオススメです。

配偶者貸付で専業主婦もキャッシング

専業主婦のキャッシングは、大手消費者金融ではできません。

信用情報が良いのであれば、銀行カードローン。
もしブラックでキャッシングをしたいのなら、中小消費者金融などの配偶者貸付の利用ができます。
自分のキャッシングとして、カードローンを持つことができます。

夫に内緒はできない

配偶者貸付は、夫の年収が総量規制になるキャッシングです。
自分だけではなく、夫の属性情報、信用情報も深く関係し、総量規制範囲は、夫婦で使える内容です。
ですから、自分でもカードローンはできますが、夫と共同で使うことになります。

したがって、夫がブラックになってしまったら、借りられない状態になますが、専業主婦がブラックになったとしても同じです。

家族カード、ハウスカードの感覚

配偶者貸付は、妻も使えるハウスカード的な存在です。
返済は夫が責任を持って行うことに同意しなければならないことです。
ですから、配偶者貸付は、互いに気を使いながら、キャッシングを進めることになります。

貸金業法では、原則収入がない方のキャッシングはできません。
配偶者貸付の審査では、夫婦の内容が確認されます。クレジットヒストリーが悪かったり、多重債務などは借り入れができないことがあります。

家族のために何よりも夫の信用情報が重要になってきます。主婦が知らない間に、夫がかつてにカードローンで多額の借金をしていると言った事実も聞くことがあります。

やっぱり自分だけのカードローンがほしい

そう思うのなら、専業主婦ではなくパートなどの仕事をすることです。
ローン利用者は、パートで100万円程度の年収を1年間以上継続することでやっと審査対象になります。

貸金業法では、この申込条件は絶対であり、配偶者貸付をしない方法は働くしかないのです。
信販会社のクレジットカードのキャッシング枠も収入なしの審査はできません。
こちらは配偶者貸付ではないのですが、夫の収入証明書があれば、キャッシング枠ができます。

結婚前のカードローン

実は、これは継続して使用することができます。
そのときの審査が続くことで返済事故がなければ、ずっと使うことができます。

専業主婦になってしまったとしても、属性情報の変更もないのですが、郵便物がある場合、住所変更などで、金融会社からの問合せであり、結婚の事実で収入がないことがバレると、審査落ちになってしまうことがあります。少し危険なことですが、ブラックにならずに、郵便物がない金融機関であれば、無事にキャッシングができます。

パート主婦のキャッシング

現在。パート主婦は、銀行カードローン審査も消費者金融審査も受けられます。専業主婦と違い、自分の収入があることで、配偶者貸付に頼ることなく、カードローンライフが楽しめます。

銀行カードローン審査の厳しさ

銀行と大手消費者金融では、銀行はパート主婦にきついです。
年収が100万円の場合、大手消費者金融の審査は通る可能性は高いですが、銀行カードローン審査は難しいでしょう。同じく、勤続年数1年でもです。

銀行カードローン審査では、パートの勤続年数が長いことが条件の一つです。100万円以上の年収は必要ですが、勤続年数5年120万円の年収で、銀行カードローン審査通過した方もいます。2017年に入って、銀行カードローン審査はますます厳しくなっていますから、保証ないのですが、年収と勤続年数は深い関係があります。

ところが専業主婦はというと

銀行カードローン審査では、専業主婦はOKです。収入がないのに、銀行法では借りれるのです。それも楽天銀行スーパーローンは余裕の50万円です。パート主婦が年収150万円の限度額と同じです。

銀行カードローン審査はパート主婦にはきついですが、専業主婦にはゆるいという内容です。
もちろん信用情報が◯な方の場合で、クレジットヒストリーなどで問題がない場合、年収の低いパート主婦は、専業主婦枠での申し込みも検討してみましょう。ただし、ネット銀行でも銀行カードローンの専業主婦枠は、20万円からと限度額に幅があります。

銀行カードローンの審査がNG

中小消費者金融や信販会社では借りられないのですが、配偶者の年収が一定で安定しているのなら、配偶者貸付があります。

パート主婦は自分の年収で総量規制範囲内での低額のキャッシングもOKです。
それでも80万円程度の年収は必要です。

信用情報で金融事故がなければ、大手消費者金融のパート主婦ローン利用者は多いです。
コンビニATMが使えますから、消費者金融の店頭にいく必要はありません。
スマートなキャッシングができます。

銀行カードローン審査はきつくなっている

総量規制がない銀行カードローンは、ワイドな利用限度額がウリでした。
最近では、金融庁の指導により、限度額の見直しが進められています。

しかし、銀行側としては、借入情報で問題がないのであれば、安定した年収でのキャッシングも可能なところが多いです。ソニー銀行、イオン銀行カードローンなども、使い勝手の良い内容です。

パート主婦のキャッシングは、審査が通りやすい大手消費者金融が便利です。
金利は銀行カードローンが低いですが、もともとあまり借りれないのですから、銀行カードローンではなく消費者金融での妥協点を見つけるとのもありでしょう。信販会社のキャッシング枠も消費者金融同様の貸金業法範囲内です。

ブラック主婦が借りれるところ

主婦のくくりでキャッシングをみると、専業主婦かそうではない主婦に分かれます。
その違いは収入の有無だけです。

銀行カードローン審査では、専業主婦も審査OKですから、属性情報で専業主婦とかけます。
しかし、大手消費者金融では収入がないと審査は通らないですから、属性での主婦はNG。
パートやアルバイトなど、収入がある内容になります。

その額がいくらであろうと、信用情報で金融事故がなければ、そのまま審査に突入します。
審査通過に関しては、内容によります。

主婦でも絶対に借りれる貸金業者

貸金業登録対象外の業者です。
すべて闇金の言葉で表現されますが、業態としてはさまざまです。
ローン利用者の中には、多重債務や延滞などでブラックになってしまう方もいます。
そうなると、信用情報での金融事故が多く、審査落ちになります。

ブラックとはブラックリストのことで、数ヶ月から数年間の審査落ちが続きます。これは、貸金業法に則った営業をしているからで、関係のない闇金では、審査もなし、収入がない専業主婦も借りれます。

銀行カードローン審査

収入のない方は、楽天銀行スーパーローンもソニー銀行、イオン銀行カードローンなどのネット銀行。
三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンなどの大手銀行では、貸金業法ではなく銀行法で専業主婦も借りれます。

収入なしでOKです。ただし、審査がありますから、クレジットヒストリーが悪い、信用情報で金融事故があると借りることができません。

だったら、闇金で借りようという方は要注意

闇金の中には、健全な所もあります。それは、専業主婦はNGと言ってしまうところです。
先程専業主婦も審査なしと言いましたが、平均30%超(利息制限法では20%が上限)の利息をつける“優良”闇金では、在籍確認を行うのです。

超ブラックだとしても、この利息の返済ができるのなら借りれる闇金で、未回収リスクを防ぐため、在籍確認をしてしまうのです。闇金では珍しい存在ですが、最近はこうした傾向もでてきました。さすがに、個人信用情報機関の確認はしないものの、ブラックであろうということを前提に審査らしいものは在籍確認で借りれます。

専業主婦はNGですが、ブラックパート主婦などは、10万円借りたいなどの対応が期待できます。
良いか悪いか違法業者でのローン利用者になりますが、申込みに関しては、自己責任でお願いします。
また、このような所からの借り入れに関しては、債務整理ができませんし、延滞や滞納に関しては、厳しい取立が待っています。