主婦のキャッシング枠とショッピング枠の相場はいくら?

主婦のキャッシング枠とショッピング枠の相場はいくら?

主婦の女性がクレジットカードを発行するとき、キャッシング枠とショッピング枠はいくらぐらいが相場なのでしょうか。専業主婦かアルバイトやパート、仕事をしている主婦かによっても違いがあります。

専業主婦の場合は、直接自分に入ってくる収入や年収がないことから、ご主人の年収などから決められます。年収が高ければ、必ず奥様も高額なキャッシング枠やショッピング枠がつけられるというわけではありません。ご主人のこれまでのクレジットカードの使い方や返済能力によっては、年収が高くてもあまり高額な利用が認められないことがあります。

例えば、ご主人が過去にクレジットカードを利用したとき、何回も返済の延滞があったり、債務整理を数年以内に行っていた場合などは、そのことが信用情報に登録されています。そうなると、きちんと期日を守ってくれるという返済能力に疑問を持たれてしまいますので、利用限度額の上限が低くなってしまうのです。

信用情報に事故歴が登録されている場合は、その内容によってキャッシング枠なども違ってくるでしょう。そのような履歴がない場合、専業主婦の方は10万~30万円のショッピング枠になるのが相場です。当然ながら、キャッシング枠はなしとなります。

アルバイトやパートなどで働いている主婦の方は、ご主人ではなくご本人の年収がキャッシング枠などに反映されます。家庭を守る傍らで勤務に就かれるということで、就業時間が独身時代のようにフルタイムというわけにいきませんので、少なくなってしまいます。しかし、人それぞれ働き方は異なりますので、年収にともなってキャッシング枠は0~50万円、ショッピング枠は10万~50万円といわれています。

キャッシング枠がもし期待しているより少額だったとしても、キャッシング枠は消費者金融でお金を借りるのと同じなので、無い方がかえっていいのではないでしょうか。なければ使いようがありませんが、あればつい使ってしまいかねません。キャッシング枠が大きな金額だったとしても、あまり利用しないようにした方が無難です。