主婦 キャッシング

主婦が旦那に内緒でキャッシングするためのポイント

お給料日までピンチで困っている…。
そんな時は旦那さんに内緒で、キャッシングしたいと思う主婦もいると思います。

旦那さんに内緒で、主婦がキャッシングすることはできるのでしょうか。
旦那さんにバレずにキャッシングできる方法など、主婦のキャッシングについてご紹介します。

働いている主婦なら旦那さんに内緒でキャッシングができる

パートやアルバイトなど働いている主婦であれば、旦那さんに内緒でキャッシングをすることはできます。

働いているということは、返済能力がある人と審査されます。
そのため、主婦名義で申し込みをしてキャッシングができます。
なので、旦那さんの許可は必要なく融資を受けることができます。

収入に応じて融資の金額が決まりますので、パートやアルバイトでは、借り入れできるキャッシングの限度額は低くなってしまうでしょう。

専業主婦は配偶者に内緒でキャッシングできない

専業主婦は働いていませんので、収入がありません。
そのため、支払い能力が無い人とみなされ、キャッシングはできません。
金融機関によっては、配偶者貸付で融資を受けることもできます。

しかし、この場合は旦那さんの配偶者貸付による融資となります。
つまり、旦那さんの許可がないと融資の流れにはなりません。
専業主婦が旦那さんに内緒でキャッシングすることは、不可能となります。

旦那さんにバレずにキャッシングするためのポイント

主婦が旦那さんに内緒でキャッシングをするためには、このようなポイントに目を向けて、申し込みを進めることが大事となります。

旦那さんが不在の時間帯の間に審査が終わるように手続きをする

旦那さんが自宅に居ないうちに、インターネットより申し込んで、審査も終わらせるようにすることが、大きなポイントとなります。銀行カードローンや消費者金融系のカードローンは、カードローン審査の際に、電話をかけてきて審査を行いますので、旦那さんが家に帰ってくるまで審査を終わらせておく事が重要です。

できるだけ早い時間に申し込むことが大事です。
金融機関が開店したら、すぐにカードローン申込みを行うことがベストといえます。
インターネットで事前に申し込みが可能な場合は、朝一で申し込むようにすると良いでしょう。

本人確認電話は必ず自分が出られるようにする

キャッシングの申し込み後には、本人確認のための電話がかかってきます。
この電話は、必ず自分が取れるようにしないといけません。

申込みから1時間程度で本人確認の電話がかかってきますので、必ず自分が出られるようにしておくようにしましょう。

カードの発行を控える

カードローンの場合、後にカードの発行があります。
カードが自宅に郵送されてしまうとなると、いつ自宅に郵送されてくるのかわかりません。

そのため、旦那さんが家にいる時に郵送で届いてしまい、キャッシングを利用していることがバレてしまうことがあります。これでは、内緒でキャッシングを受けようと思っても台無しになってしまいます。

カードの発行を避けたい人は、自動契約機で契約をすることをオススメします。
自動契約機で契約をすると、ほとんどの場合はその場でカード発行されます。
カードの郵送を避けたい場合は、自動契約機がある金融機関の利用を検討すると良いでしょう。

ご利用明細の発行を避ける

もう1つキャッシングがバレてしまう材料は、キャッシングのご利用明細書が自宅に郵送されてしまうことです。旦那さんに開封されてしまうと、キャッシングがバレてしまいます。

ご利用明細書の発行を避けたい場合は、WEB明細が利用できる金融業者を選ぶようにしましょう。
大手消費者金融は、WEB明細を行っている業者が多くあります。
ご利用明細書の交付の選択ができる場合は、WEB明細書を選択すると良いでしょう。

コンビニでATMのキャッシング利用は避ける

コンビニATMでキャッシングをしてしまうと、ご利用明細書が自宅に郵送されてしまうことがあります。
コンビニATMでは詳細な明細書を発行できないので、後に郵送で、ご利用明細書を発行する金融機関が多くあります。

コンビニATMは手軽にご利用できるので、ついつい使ってしまう人も多いと思います。
しかし、コンビニATMからのキャッシングでキャッシングの足が付いてしまうことはよくあります。
旦那さんにキャッシングがバレたくない場合は、ご利用を控えることをオススメします。

旦那さんに絶対に見つからない場所でカード管理をする

うっかりカードを見られることで、旦那さんにキャッシングがバレてしまうこともあります。
カードといえばお財布のカード入れる人が多いですが、
これではうっかり、旦那さんにバレてしまうこともありますので大変危険です。
旦那さんの目につかない部分に、カードを保管するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
旦那さんに内緒で主婦がキャッシングするためには、
これらのポイントに目を向けることをオススメします。
わずかな隙間からバレてしまうこともありますので、念には念を重ねて対応するようにしましょう。

主婦のキャッシングは銀行と消費者金融どっちがいい?

主婦がキャッシングするとなると、気になるのが借入先です。銀行ローンと消費者金融系ローンの選択ではないでしょうか。

主婦は、銀行系カードローンと消費者金融系カードローン、どちらが適しているのでしょうか。
ポイントも含め、まとめてみました。

銀行系カードローンのポイント

銀行系のカードローンには、このようなポイントがあります。

総量規制に該当しない

銀行は総量規制に該当しませんので、収入に対して融資できる金額に限度がありません。

審査が厳しい

銀行は融資以外にもたくさんの商品を抱えているので、特定の信頼できる顧客にしか融資しません。
そのため、限定した信頼できる顧客にだけを対象にするために、審査基準が高い厳しい審査を行います。
よって、条件が良い人じゃない限り審査に通るのは難しいといわれています。
主婦の場合は、よほど収入が高く大手で勤務していない限りは、審査が通るのは厳しいといえます。

金利が低い

信頼できる顧客のみに融資するので、低い金利での融資となります。

限度額が高い

信頼できる顧客のみを相手にするので、信用性の高さから融資限度額が高い傾向があります。

顧客からの信頼性がある

銀行という金融機関ですので、借りる側も信頼をして利用することができます。

消費者金融系カードローンのポイント

消費者金融系のカードローンには、このようなポイントがあります。

審査が甘い

消費者金融の場合は融資のみしか商品が無い場合が大半です。
つまりは、顧客を多く集めないと商売になりません。
そのため、多少審査を甘くしてでも多くの顧客を募る傾向があります。

審査は銀行よりも甘めで、銀行融資の審査に通らなかった人でも、審査の対象となる場合が高い傾向があります。

総量規制に該当する

消費者金融は総量規制に該当するので、年収の1/3までしか借入れができません。
年収100万円のパートの主婦であれば、1/3で30万円までしか融資を受けることができません。
そのため、高額な借り入れはできません。

主婦のキャッシングは銀行と消費者金融どちらが適しているのか

主婦のキャッシングは、銀行と消費者金融どちらが適しているのでしょうか。
パートやアルバイトなど低収入の主婦の場合は、銀行融資の審査に通るのは難しいでしょう。
主婦でも会社員の場合は、審査が通る可能性はあるかもしれません。

しかし、スムーズに審査が通る事を考えると、消費者金融のキャッシングの方がオススメとなります。

消費者金融は怖い金融機関ではない

主婦のキャッシングは消費者金融が適しているといわれても、消費者金融のカードローン利用は、怖くて嫌だと思う人もいるようです。昔のTVドラマで観た借金のような良くないイメージがある人もいるようですが、正規の消費者金融というのは、怖い金融機関ではありません。

消費者金融というのは、貸金業を行っている金融業者です。
銀行とは違う法律で貸金業を行っており、貸金業法という法律にのっとって営業をしています。
法律に準拠して経営していますので、問題なくご利用できる金融業者です。

大手消費者金融と中小の消費者金融とに分かれ、大手消費者金融というのは、TVCMでもお馴染みのレイクやプロミスというとわかりやすいと思います。TVで見かける大手消費者金融以外は、中小の消費者金融といいます。

近年の消費者金融は教育が非常に行き届いているので、まるで銀行のような対応をしてくれる業者も多くあります。顧客の立場となって対応してくれる業者が多いので、安心してご利用出来ます。

主婦が消費者金融を検討する際のポイント

主婦が消費者金融を検討する際は、これらのポイントに目を向けて検討してみると良いでしょう。

まずは大手消費者金融を検討する

消費者金融の中で大手なのは、大手消費者金融ローンです。
消費者金融の中でも大手で企業としてしっかりとしていますので、オススメです。

アコムやレイク、プロミス、モビットなどが大手消費者金融です。
どの大手消費者金融も働いている主婦であれば、審査に通る確率は高いですが、属性や債務性によっては、審査に通らない場合もあります。

大手消費者金融の審査に通らなかった場合

大手消費者金融の審査に通らなかった場合は、中小の消費者金融のご利用をオススメします。

中小消費者金融は大手消費者金融と比べて企業として小さいですが、大手消費者金融より人気が無いということで、緩めの審査を行っている場合が大半です。多少属性や債務性が良くなくても、審査の対象となる場合があります。

中小の消費者金融の審査に通らない場合

中小の消費者金融の審査に通らなかった場合は、対面与信の中小消費者金融を検討してみましょう。
ほとんどの消費者金融では電話での審査となっていますが、中小消費者金融の中には、対面与信で審査を行っている業者もあります。

対面与信というのは面と向かって審査を行うことであり、消費者金融に直接出向いて対面で審査を行います。面と向かって話して審査をすることで、電話での審査ではわかりにくい部分を掴んでもらうことができます。これによって、審査に通る可能性が高くなります。

ただし、対面与信を行っている中小の消費者金融は少ないので、前もって調べてから出向くと良いでしょう。

中小消費者金融を選ぶ際に目を向けるべきポイント

中小消費者金融となると、どことなく利用に不安を感じる人も多いと思います。
中小消費者金融を選ぶ際には、口コミで評判をチェックするようにしましょう。

インターネット上では様々な消費者金融の口コミがあり、それらを確認することで、どのような消費者金融なのか把握できます。特に中小消費者金融というのは、聞いたことがない名前の金融業者も多いので、実際利用した人の経験談を参考にして、選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
主婦の場合、銀行からの融資よりも消費者金融からの融資が断然オススメです。
消費者金融は意外と快適ですので、どなたでも安心してご利用出来ます。
主婦でも消費者金融をご利用している人はたくさんいますので、是非目を向けてみましょう。

主婦がキャッシングの審査に通るためのポイント

主婦がキャッシングの審査に通るためには、どのようなポイントに目を向けるべきなのでしょうか。
主婦がキャッシングの審査に通るよう目を向けるべきポイントを、まとめてみました。

主婦がキャッシングの審査に通るために目を向けるべきポイント

主婦がキャッシングの審査に通るためには、どのようなポイントに目を向けるべきなのでしょうか。
それは、これらのポイントが挙げられます。

勤続年数が長い

パートやアルバイトは不安定な職業と思えるかもしれませんが、勤務年数が長ければ長いほど借入審査の際にとても有利となります。最低でも、1年はあれば問題ないといわれています。年収100万円の低所得のパート主婦でも、勤続10年であれば審査に通る可能性が高くなります。

年収100万円以上

主婦の年収の最低基準は、100万円といわれています。
100万円以下の年収の場合は、審査の対象とならない場合が大半です。
どうしてもキャッシングしたい場合は、仕事を増やして年収100万円を超えるようにしましょう。

必ず在籍確認ができるようにしておく

主婦のパートやアルバイトの場合は、大人数の従業員の企業の場合があります。
その場合、在籍確認で勤務先に電話をかけても、電話受付の担当者が数多いパートに対し、在籍を把握しておらず、結果的に在籍確認とならない場合があります。

数多くのパートが居る勤務先の場合、事前に電話受付の担当者に、在籍確認で電話が来ることを一言伝えておくとよいでしょう。カードローンではなくクレジットカードを作るためというと、キャッシングとバレずにお願いすることができます。

主婦のパートの場合はこのような理由で在籍確認が取れない場合があります。
あらかじめ注意するようにしましょう。

信用状態に問題がない

主婦の場合、債務性に問題がなく個人信用情報に傷が無い場合は、キャッシングの審査に通る傾向があります。しかし、個人信用情報に傷が付いている場合は、審査が通ることは難しくなってしまいます。

ご自分の信用情報の内容に不安がある場合は、信用情報機関の閲覧も可能です。
また、申し込みの前にお電話で消費者金融に相談をしてみることもできます。
気になる場合は、事前に相談をしてみると良いでしょう。

主婦の場合収入が少ない人が大半です。
少しでも個人信用情報に傷があると審査に通らない可能性があります。

申し込みブラックにならない

主婦の場合、どこでもいいからキャッシングをしたく、一気に数多くの金融機関に融資の申し込みをしてしまう人もいるようです。

しかし、1か月の間に3社以上申し込んでしまうと、申し込みブラックとなってしまい審査が通らなくなってしまいます。キャッシングの申し込みは、1社ずつ行うようにしなければいけません。

もし申し込みブラックとなってしまうと、個人情報機関に半年間記載されてしまいます。
記載がある期間は、キャッシングの審査の対象とはなりません。

主婦のキャッシングは消費者金融がオススメ

主婦のキャッシングは、消費者金融がオススメとなります。
銀行系のキャッシングは審査が大変厳しく、主婦の属性では該当しないポイントが多いからです。
しかも、銀行系は審査に1か月ほど時間がかかってしまいます。なので、主婦の緊急を要するキャッシングには適していません。

消費者金融系のキャッシングは、早ければ即日、長くても1週間以内には審査が終わり融資となります。
銀行は安心できる雰囲気がありますが、主婦には不向きですのでオススメできません。

いかがでしたでしょうか。
主婦は、このようなポイントに目を向けてキャッシングを検討するようにしましょう。
主?にピッタリな金融業者は、消費者金融です。スムーズにキャッシングするために、初めから消費者金融を検討することをオススメします。

レディースローンは主婦に適したキャッシングなのか

女性のフリーローンといえば、レディースローンです。

女性が便利に利用できるイメージがありますが、果たして主婦でも、快適に使うことができるローンなのでしょうか。レディースローンと主婦の関係性について、まとめてみました。

レディースローンってなに?

レディースローンというのは、女性専用の女性向けのローンサービスです。
対応は全て女性スタッフが行ってくれますので、同性の担当者とお金の話ができる安心感があります。
また、女性の属性でも審査に通りやすい傾向があり、パートやアルバイトの主婦でも、審査に通りやすい傾向があります。

ローンの内容は、一般のフリーローンやカードローンと変わりません。
融資額が優遇されている訳でもないですし、金利が優遇されているわけでもありません。
あくまで、女性がご利用しやすい環境としたローンが、レディースローンです。

インターネット申し込みなので主婦でも楽に利用できる

レディースローンのほとんどが、インターネットからの申し込みが可能です。家や職場に居ながらインターネット経由で申込みができますので、忙しい主婦にはうってつけのローンなのです。

パソコンやスマホなど、インターネットがつながれば何でもOKです。
出向かなくてもキャッシングができる、とても好都合なキャッシング方法なのです。

レディースローンはどのような金融機関で行っているのか

レディースローンは、様々な金融機関で取り扱っています。
大手銀行や大手消費者金融、中堅消費者金融でも取り扱っています。

銀行のレディースローンは、主婦のパートでは審査に通りにくい傾向があります。
間違いなく審査に通るためには、消費者金融系のレディースローンがオススメです。

このようなレディースローンに目を向けてみよう

主婦がご利用すると便利なレディースローンは、このような特徴のレディースローンです。

無利息期間あり

レディースローンの中には、30日間無利息サービスなど、無利息期間を設けているローンがあります。
無利息期間は利息に対しとてもお得ですので、オススメです。

利用限度額増額が可能

主婦はパートやアルバイトで収入が少ないので、利用限度額は少なめに設定されてしまいます。しかし、限度額増額が可能な金融機関の場合、きちんと返済をすることで後に増額申請が可能となります。

申込みの際に少ない限度額で申し込んで審査を通して、後に増額申請で融資額を多くすることで、快適にご利用ができるようになります。

少額からキャッシングが可能

レディースローンは、女性が快適に利用できるよう、少額からのキャッシングを行っている金融業者もあります。主婦は少額だけキャッシングしたい時もありますので、少額融資のレディースローンはとても助かる存在となります。

中には1,000円単位からキャッシング可能なレディースローンもあります。
少額利用者にとても便利なキャッシングとなります。

24時間インターネットより申し込みが可能

24時間インターネットより申し込みが可能ですと、いつでも自分のニーズに合わせて申し込みができるので便利です。申込み時間が決まっているレディースローンもありますが、その様なレディースローンは不便ですので、オススメできません。

キャッシング方法や返済方法が豊富

キャッシング方法や返済方法が豊富ですと、大変便利にご利用ができます。
あれこれ制限があると快適にご利用できなく、返済が遅れてしまったりなど不便が生じてしまいます。

自動引き落とし返済のレディースローンは利用しない

返済方法で自動引き落としを行っているレディースローンがあります。
しかしながら、主婦にはオススメ出来ません。

その理由は、自動引き落とし返済は通帳にその旨が残ってしまいますので、キャッシングしていることが、夫などの家族にバレてしまうことがあります。

いかがでしたでしょうか。
レディースローンは、主婦にピッタリのキャッシングです。
主婦は収入が少ないなど条件があまり良くないので、レディースローンの様な、女性を優遇したキャッシングというのはとても適しているといえます。
快適にキャッシングをしたいのであれば、レディースローンに目を向けてみましょう。

主婦のキャッシングが可能な「ハウスカード」

主婦が快適にキャッシングできるカードに、ハウスカードがあります。
ハウスカードとはどのようなカードなのか、ご存じですか。
いざという時のキャッシングのために、ハウスカードを1枚作っておくと便利ですよ。

ハウスカードの特徴や主婦との関係性など、主婦が知っておくと便利な、ハウスカード情報をまとめてみました。

ハウスカードとはどんなカード?

ハウスカードは、スーパーや家電屋などの小売店から発行されるのカードです。
ポイントを貯めたりと、便利に使っている主婦も多くいらっしゃいます。

そんなハウスカードですが、クレジットカードと一体化のカードもあることご存じでしたか。
この、クレジットカードと一体化となっているハウスカードこそが、主婦でも簡単にキャッシングができるカードなのです。

ハウスカードのクレジット機能は、専業主婦でも簡単に作ることができる場合が大半です。
配偶者貸付により専業主婦でも簡単に作れるので、とても人気のカードとなっています。

主婦でもハウスカードの審査が甘い理由

クレジットカードの審査というのは、主婦にとっては審査のレベルが高くなってしまうことが大半です。

しかし、ハウスカードの審査は主婦には甘めであり、よほどじゃない限り審査落ちしないといわれています。その理由は、主婦がハウスカードを持つと、便利に使いこなす人が多い傾向があるからです。カードの利用頻度が高い傾向があるので、ある程度使ってくれ良い顧客となるからです。

専業主婦の場合は、専業主婦に支払い能力はありませんが、旦那さんの収入から、返済ができるという前提の信用があります。更に、利用頻度が高い使い方をしてくれますので、とてもいい顧客となるのです。

意外と便利ハウスカード

ハウスカードは、意外と便利にご利用出来ます。
ハウスカードの多くは、VISAやJCBなどの国際ブランドのカードとなっています。
そのため、どの店舗でのご利用しやすい傾向があります。

ネットショッピングも百貨店でのご利用も、ブランドショップでも利用ができます。
たかがスーパーや家電屋で作ったハウスカードと思うかもしれませんが、かなり重宝して使うことができる、優れもののカードなのです。

最初は限度額が少ない

主婦が使うカードという審査となりますので、最初は借入金額の利用限度額は、少なく設定される場合が大半です。うっかり使い過ぎなくて済むので、限度額が低いのは良いことなのかもしれません。

また、きちんと返済して真面目に使っていると、半年~1年後には増額申請で、限度額を増やすことも可能となります。使い続けていくとどんどん便利になりますので、ハウスカードというのは、意外と隅に置けない存在なのです。

ハウスカードはどのような店舗で作ることができるのか

ハウスカードは、これらの店舗で作ることができます。

  • スーパー
  • 家電屋
  • ガソリンスタンド
  • ドラッグストア
  • コンビニ
  • デパート

いかがでしたでしょうか。
主婦が1番簡単に作ることができるキャッシングカードは、
もしかしたら、ハウスカードなのかもしれません。
身近な店舗でも取り扱っていることがありますので、目を向けてみると良いでしょう。
利便性も高くキャッシングもできるのは、主婦にとって好都合のカードといえるでしょう。