専業主婦でもお金を借りる方法

専業主婦でもお金を借りる方法

専業主婦がお金を借りたいと思っても、多分収入が無ければ単独でキャッシングは不可能です。だから、結論を先に言えば、自分の名義じゃなくて旦那の名義でお金を借りるしかありません。

専業主婦の借入は旦那の同意が必須

だけど、消費者金融でお金を借りる際は気をつけておいて下さい。配偶者の同意書を求められるので審査がOKそうでも、旦那の同意書なしでは融資が受けられないので注意しましょう。こんな時に旦那に相談しやすいのであれば簡単ですが、中には厳しい旦那もいるでしょうからね。

よって、消費者金融のカードローンで専業主婦が配偶者貸付する方法は、あまりメジャーな方法とは言えないかもしれません。どっちかと言えば、専業主婦がお金を借りたい場合は、銀行カードローンでお金を借りる方が健全だと思います。

専業主婦でも旦那の同意なしで借入が出来る銀行カードローン

その理由としては、専業主婦では年収も収入もないから総量規制でお金が借りれないし、配偶者貸付が出来るにしても配偶者の同意なしでは自由に借り入れが出来ないからです。だからこそ、総量規制も無く旦那の同意も要らずして、旦那の収入があればお金が借りれる、銀行カードローンでお金を借りるべきと言えます。

今利用している銀行でキャッシング出来る可能性も高い

銀行カードローンであれば、日頃から使っている銀行でカードローン契約しても良いと思いますので、ネット銀行からダイレクトにキャッシング出来る所もあるでしょうから、定期預金をしている銀行のカードローンを検討してみてれば、いちいち銀行カードローン探しをしなくて良いでしょう。

有名のネットバンクからでもキャッシング可能

自分がソニー銀行を使っているのであれば、ソニー銀行カードローン。イオン銀行であれば、イオン銀行カードローン。みずほ銀行を使っているのであれば、みずほ銀行カードローン。東京三菱UFJ銀行を使っているのであれば東京三菱UFJ銀行カードローンなどです。普段から専業主婦が使っている口座でカードローン申し込みすれば、全然知らない銀行で契約するよりも親近感もあります。

当然、普段から利用している銀行であれば信用性も抜群だと思うので、主婦に甘い審査の銀行カードローンであれば、問題なく配偶者貸付も出来る事でしょう。さすがに下手な業者を見つけたり利用するよりも、全然マシなキャッシングだと言えるでしょう。

銀行カードローンでお金を借りる専業主婦の限度額は低く設定される

但し、専業主婦の借り入れとなるとどうしても旦那の収入のみでお金を借りるので、限度額も通常より安くなるのです。そして、沢山融資が受けたいと思っていても限度額以上は借りられないので、専業主婦であれば特に銀行カードローンで借りれる金額は少なくなると思っておきましょう。

それでも、低金利だし総量規制もないし利用しやすいのは確かですから、これが消費者金融であれば審査に通らないし配偶者同意書必須となりますからね。専業主婦がキャッシングしたいと思うのであれば、主婦でも専業主婦でもお金が借りやすい銀行カードローンが一番ですよ。