独身と主婦は違うよね?名義変更は迅速に

独身と主婦は違うよね?名義変更は迅速に

独身時代に借りていたキャッシング。
結婚と同時に専業主婦になった場合、名義変更では使えなくなってしまいます。

ただし、勤務先もそのままで仕事を持続している場合は、名字が変わるだけであり、そのまま使えます。結婚によって名義が変わるだけで、収入に変更がないと、主婦でもそのまま使えます。

キャッシングの問題は収入

独身と主婦の違いは関係ないです。関係するのは収入です。
ですから、結婚したままそのまま仕事をしている場合は、主婦としても認識はないです。

これは、勤務先を変えた場合では、新しい収入額での審査のし直しです。
パートで収入が減れば、限度額が変わります。反対に収入が上がれば、借入が多くなるだけのことです。
名義変更のときに確認してみてください。

専業主婦になったら

とりあえず、そのキャッシングができなくなってしまうのが、消費者金融の場合です。
消費者金融の審査では無収入で審査に通らないです。
銀行カードローンの場合は、専業主婦OKカードなら、利用限度額が下がるだけです。

夫の収入証明が必要なら、提出書類があるとそのまま使えます。
大手消費者金融を含む消費者金融だけは、そのまま解約になってしまうか、収入があれば、改めて申込をすることになります。独身時代は普通に収入がある場合、名前が変わり、収入が変わったとしても、使い続けるのは違反行為です。

とはいっても

専業主婦で使えなくなってしまう大手消費者金融のカードローンを返済トラブルなく、延滞なく使い続けている場合があります。わかります。専業主婦になると、キャッシングができないのは何かと都合が悪いです。銀行カードローンの申込は審査に通らないとなると、借りられないです。専業主婦も自由になるお金がほしいところです。

ところが、この行為はしてはならないことです。
バレてしまうと利用停止になるだけではなく、今後のキャッシングにも影響がでます。
銀行カードローンの審査に通るよう、多重債務だったり、債務整理がある場合は、しばらく回復するまで待って、改めて銀行カードローンに申込をしてみてください。

働く主婦は持続

消費者金融では、収入があれば良いのです。
主婦としてパートやアルバイト、在宅ワークでは確定申告での個人事業主としての申込ができます。

借りられないのは専業主婦だけの話しであり、年間100万円程度の収入であれば、大手消費者金融のカードローンの申込も使用の持続できます。名義変更はきちんとしてください。そして、正々堂々とカードローンを使いましょう。