結婚・離婚をしてもクレジットカードは継続可能?

結婚・離婚をしてもクレジットカードは継続可能?

女性は結婚や離婚をすると、そのたびに苗字や住所の変更を届け出しないといけないので面倒ですね。独身のときにクレジットカードを所有していた場合、結婚をしてからも引き続き同じカードを使い続けられるのでしょうか。

個人情報の変更点の申請を行えば、使い続けることは可能です。新しい苗字や住所などを伝えますが、専業主婦になった場合はそのことも伝えてください。クレジットカードは旦那さんの年収によって利用限度額が変わってくるからです。家庭に入ってからもアルバイトやパートをして働き続ける場合、ご本人の年収でクレジットカードに登録される場合はその旨を申請しましょう。

結婚をするときだけでなくもし離婚をすることになったら、これまで利用していたクレジットカードはどうなってしまうのでしょう。離婚のときも結婚をしたときと同様に、苗字や住所などといった個人情報の変更点を申請します。離婚したときの申請で最も重要なことは、年収が変わることです。旦那さんの年収でクレジットカードを利用していて、独身に戻ってからご自身の収入に変わったとき、金額の推移によってはカードの利用限度額も変わってきます。

ただ、独身時代からずっと使ってきたクレジットカードは、ポイントが付与されるタイプでしたらかなり溜まっている場合もあるのではないでしょうか。離婚したという申告をするのは抵抗を持たれるかもしれませんが、近ごろではインターネットから手続き変更ができますので、クレジットカード会社の担当者と直接顔をあわせる必要がありません。ネットがない時代に比べれば、精神的な負担は格段になくなっているはずです。

配偶者がいたときには、ご本人名義でクレジットカードを持っていなくても、ご主人などの家族カードが発行されていたという方も少なくないでしょう。家族カードはクレジットカードのご契約のご家族のみが利用できるカードという性質があります。そのため、離婚して籍を外してしまえば、引き続き利用することはできなくなります。

お財布に家族カードが入ったままだと、離婚が成立して新生活をスタートさせてから、ついうっかり使いそうになってしまうかもしれません。うっかりであり悪気がなかったとしても、クレジットカード会社に対して契約違反行為になりますから気を付けてください。