初めてのキャッシングなのに大手消費者金融で落ちるってあり?

初めてのキャッシングなのに大手消費者金融で落ちるってあり?

消費者金融の中でも大手消費者金融の審査落ちは、原因がいろいろとあります。初めてのキャッシングの申し込みの場合でも、今は貸せないというトラブルもあります。

信用情報、初登場!

信用情報って何?これはクレジットカード、各種ローン等でお金を借りる、ローンを組んだ時に記録される情報です。大手消費者金融の審査ではなく、すべての「借りる」行為の申し込みの時には確認される情報です。

大手消費者金融に申し込みをする前に、何も借りる行為をしていない場合、人によっては審査に落ちます。本人が悪いのではないのですが、信用情報がゼロなので、貸せませんということです。

実は裏もある

ブラックリストという言葉を聞いたことがあるでしょうか?自己破産等の債務整理をした時にブラックリストとなって、しばらく借入ができないことです。自己破産の時には、書類上返済免除になります。そこからしばらく借入ができないです。

信用情報は更新していく情報なので、5年以上の債務整理者では、信用情報が真っ白になります。信用情報がないということで、全く初めての借りる行為に近い状態になります。ということで、初めてのキャッシングの人と同じ信用情報になります。

債務整理者と初めてのキャッシング

同じ信用情報で真っ白で、ブラックリストに対してホワイトリストになります。しかし、本当に何も借りていない方は、スーパーホワイトリストです。

この場合、本当に返済ができるかも不安ですが、債務整理後10年程度借入やローンを組んでいないとそれはそれで不安になります。それで、初の大手消費者金融では、信用情報ゼロでは借入ができないことがあります。

不本意すぎますよね?

そこで、大手消費者金融のキャッシングをしたい時には、その前にクレジットカードの利用を1回でもすると良いと言われています。これで、借りた・返したの信用情報ができ、大手消費者金融での審査落ちがないです。自動車ローンなどでも良いですから、ローン利用で信用情報に記録を作ることが信用になります。

特に気をつけたい中年以降の初大手消費者金融

若い方は比較的借りられる可能性が高いのですが、30代以降の大手消費者金融では、警戒信号が灯ります。これが銀行カードローンでは、キャッシングがしやすいです。

初めてのキャッシングでは審査落ちの原因は、収入などですが、それをクリアして、自分の口座がある銀行カードローンなら、問題なく審査通過ができます。この初キャッシングでの審査落ちは、信用情報が悪いものではなく、単に信用されていないというだけで、ブラックではないです。

たまたま審査落ちであり必ずNGではないのですが、1回でもクレジットカード利用等をしていると、このような事態は起きないです。キャッシング前のクレジットカード利用で、信用情報を作っておく、これが必要です。