消費者金融 審査落ちた

お金を借りたいけど審査が不安

お金を借りたいけど、審査が不安という人も少なくないようです。

漠然とした不安を持っている人は、パートアルバイトの人が多いでしょうか。また、実際に自分の属性が悪いと自覚して、審査に通るかどうか不安という人も多いのです。実際にお金の借りやすさというのは、そのときの様々な状況によるのは間違いありません。

多少のお金でしたら、友人知人に借りるのが一番手っ取り早い方法です。1万円2万円程度まででしたら、気軽とはいかないまでもなんとか借りることができる金額ではないでしょうか。

それではなぜ、友人知人は1万円や2万円を貸してくれるのでしょうか。それは、友人や知人だからです。ある意味それだけで信用されていると言ってもいいでしょう。

お金を借りるということは、返さなくてはいけません。反対の貸す側から見ると、友人やあるいは知人ですから、お金を貸してもきちんと返済してくれると思うわけです。それは、とりもなおさず信用があるということになります。

これが赤の他人でしたら、1万円を貸してくれと言われても貸す人はいないでしょう。信用があって返済してくれることがわかるから、お金を貸してくれるのです。

これは身内に対しても同じですが、身内の場合はどうしても信用がありすぎて反対に返済しない場合もあります。身内だから、逆に返済は期待しないということもあるでしょう。

ですから、お金を借りてきちんと返済するというのは、友人知人のほうが多少の緊張感もあるので、貸し借りに向いているかもしれません。

それでも少額であればいいのですが、それが10万円あるいは20万円ということになるとどうでしょうか。これなら友人知人と言っても、おいそれと貸してくれる人はいないでしょう。

そうなると、どうしたらいいのかというと、クレジットカードのキャッシング機能が便利です。銀行や消費者金融会社のカードローンを、わざわざ新規で申し込む必要もありませんから、気軽に借りることができるでしょう。多くの人は、とっさにお金が必要になったというときは、クレジットカードのキャッシングを利用しているのではないでしょうか。

それでも気をつけたいのは、クレジットカードのキャッシングの金利の高さです。意外にと思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードのキャッシングの金利はかなり高いです。消費者金融会社のカードローン並と考えても、ピンとこないかもしれません。

また借りるのも、小口になるとそれほど利息が気にならないかもしれませんが、お金に困っている人でしたら、クレジットカードのキャッシングの融資可能額いっぱいまで借りる人もいるのです。こうなると、クレジットカードのキャッシングの金利の高さを肌で感じてくることでしょう。

クレジットカードの利用額の枠というのは、キャッシングとショッピングが同じです。ですから、キャッシングをたくさんしてしまうとショッピングができなくなるので、その点には気をつけたほうがいいです。

光熱費の支払い、あるいはスマホの代金の支払いなどをクレジットカードで行っている場合は、キャッシングを使いすぎると、光熱費やスマホの利用代金の引き落としができなくなる恐れがあるからです。

後述しますが、光熱費などの代金が引き落としできない場合は、これも立派な滞納ということになります。滞納はお金の貸し借りの中で、やってはいけないことのトップと言ってもいいです。

滞納から未払い、さらには返済不能と続いていくのです。その発端が滞納ですから、クレジットカード会社も銀行も消費者金融会社も、滞納には神経を使っているということですね。

少ないお金でしたら、友人知人を頼って借りるといいでしょう。しかし、それ以上のお金となると、銀行や消費者金融会社が視野に入ってきます。まだまだ、クレジットカードの、キャッシングを利用する人も、いるかもしれません。

信用度はどうやって決めるの?

そこで疑問になるのが、信用という問題です。銀行や消費者金融会社は赤の他人の申し込み者に、どうしてお金を貸してくれるのでしょうか。

銀行でしたら預金口座があるので、ある程度の個人情報は把握していることでしょう。しかし、友人知人のように、その人のことを知り尽くしているというわけではありません。それでは、カードローンなどの融資の申し込みをしてくる人の信用度は、どのように測るものなのでしょうか。

信用度を属性という専門用語で語る場合があります。もっともこの属性は、銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者が使っているだけではなく、一般の人も使っている用語なのです。今では、一般の人のほうがお金の貸し借りの段階で、よりたくさん使っている単語と考えていいでしょう。

この属性ですが、前述したように信用という言葉と置き換えてつかっても問題がないくらい、信用と属性は似たような言葉なのです。

それでも、信用が全体を通して使う言葉に対して属性というのは、一つ一つの項目を積み上げて作っていくものです。これは、その人となりと信用という概念的な言葉で置き換えるのとは別に、属性というのは一つ一つの物理的な項目です。つまりは、目で見てわかるような事柄を積み上げていって、それを最終的に信用という言葉に置き換えているのです。

銀行や消費者金融会社のカードローンの融資条件の中に、決まって見ることができるものが「安定した収入のある人」という文言です。安定した収入のある人となると、なんとなく表現が抽象的に感じます。具体的に考えてみると、安定した収入というのは、会社などの正社員に当てはまる言葉というのがよくわかります。

パートアルバイトあるいは派遣社員、契約社員で働いている人でしたら、どうしても収入が不安定になるのは否めません。ですから、正社員とそれ以外の人では属性が違うということになるのです。信用度の度合いで見ると、正社員のほうが属性が高く、それ以外では属性が低いということになるのです。

正社員の中でも、勤続年数によって属性が違ってきます。勤続年数の長い人のほうが短い人よりも属性が良いのは間違いありません。

さらに、住まいの状況を考えてみます。持ち家と借家でしたら、持ち家のほうが属性が高いです。借家のほうは、どうしても属性が低くなります。これは資産があるか、どうかという判断になるからです。他にも、自宅に固定電話があるかどうかでも属性に高低がつきます。

このように属性は、様々な項目で成り立っているのです。さらにスコアリングというシステムができていて、様々な属性を数値で表してそれらを積み上げていくのです。そうしたスコアリングで最終的に積み上げた数値で総合的な属性を判断することが多いということです。この属性の高さが、すなわち信用度の高さということですね。

最初の属性は横一線

社会に出て働き出した場合、多くの人は正社員として働くことが多いでしょう。その場合の属性は多少の増減があったにしても、ほとんどの場合は横一線と言ってもいいでしょう。

そしてお金が必要で、どこからかお金を借りなくてはいけないという場面が出てきた場合は、迷わず銀行から借りるようにしましょう。お金を借りる機関としては、銀行の他に消費者金融会社があります。しかし、融資に対する金利が違うのです。

銀行のほうが貸し出し金利は低いですから、同じお金を借りるにしても銀行と消費者金融会社では、最終的な利息を含めた返済金額は銀行のほうが少なくなるのです。

銀行のほうが審査が厳しいというのは、多くの人が知っている事実です。しかし、社会に出た当初というのは他に借金もないことが多いでしょう。属性についても可もなく不可もない状況なら、消費者金融会社で借りる選択肢はありません。

銀行も他社借り入れがない場合は審査基準も寛容です。ですから、最初の借入れは、やはり銀行から借りるのが得策なのです。

消費者金融で審査に落ちた

銀行や消費者金融会社のカードローンに、融資の申し込みをする場合、銀行も消費者金融会社も申し込み書の内容から、信用情報機関に与信情報などの照会を行います。

この照会内容は、申し込み者のこれまでのクレジットカードの利用状況やカードローンの利用状況、住宅ローンなどの返済状況などを細かく照会し、信用情報として内容を審査するのです。反対に、これまで一度も借金もなく、クレジットカードの利用歴もないということでしたら、信用情報機関からの情報もほとんどありません。

クレジットカードを保有していれば利用歴が照会されるのですが、利用歴が無ければクレジットカードを作った期日くらいしか、照会情報として取り出すことはありません。

融資をして返済したという履歴がないのは、借金歴がないということで、審査に通りやすいような気がする人も多いでしょう。実際にそうなのですが、一部では借金をしても返済した実績がないということで、審査に通りにくいという考えもあるのです。

それでも最初は誰も借金をしていない状態ですから、まずはクレジットカードを保有してショッピングなどをして、クレヒスを作っていくのが望ましいでしょう。そうすることで、カードローンの初回は銀行カードローンにすることで、審査に通りやすくなるのは間違いありません。

そして、他社借り入れが増えてくると、銀行からの借入れはできなくなるでしょう。つまりは、審査に落ちるということです。

また、最近では消費者金融会社のカードローンの審査に落ちても、銀行カードローンを借りることができたという人も多く、銀行と消費者金融会社の派間で審査基準の逆転現象が起こっているようです。後述しますが、これには総量規制などの問題があるのは間違いありません。

銀行系カードローンは、昔から審査が厳しいというのが通り相場となっています。それは今でも変わりはありません。そして、大手消費者金融会社のカードローンも銀行と同様に審査基準が厳しくなっているようなのです。それでも、銀行系カードローンの審査が厳しいのは変わりはありません。

すぐにでもお金が必要だという場合で、すでに他社借り入れが多く、銀行の審査はすでに落ちているという状況では、消費者金融会社のカードローンに頼るしかないでしょう。

消費者金融会社にもかなりの幅があります。上は大手消費者金融会社から、下は小規模な消費者金融会社である街金です。その中間に位置する中小消費者金融会社には、審査の緩い消費者金融会社がたくさんあります。

消費者金融会社の審査に落ちたという人は、アコムやアイフル、さらにはプロミスといった、大手消費者金融会社のカードローンに申し込んだ人でしょう。確実にキャッシングするのでしたら、中小消費者金融会社のカードローン利用がお勧めです。

消費者金融会社のカードローンは借りやすい?

銀行カードローンと消費者金融カードローンなど、カードローンも様々です。どちらがいいのかということになると、多くの人は銀行カードローンをおすすめするでしょう。それは金利が低いからです。

銀行の場合は、預金者からお金を集めるので、資金力は潤沢です。しかし、預かったお金は預金者のものですから、いつでも引き出せることができるように準備をしておかなければいけません。

ですから、銀行の融資というのは、預かり金以外のところから出していると考えていいでしょう。それでも、融資の原資には預かり金も含まれているはずですから、融資する銀行としては貸し倒れは絶対に避けたいところなのです。なので、銀行は金利を低く貸し出す代わりに、審査基準を厳しくしているということですね。

そして、消費者金融会社は貸金業者と言われているだけに、お金を貸すことだけで収益を上げています。ですから、貸し倒れのリスクはあっても、銀行と違って属性の低い人にも融資をせざるをえない部分があるのです。

ここで、総量規制の問題をあげなくてはいけません。これは年収の3分の1までしか借入れができないという制度です。法律で決められているものです。ですから、消費者金融会社のカードローンで属性に問題がなくても、審査落ちとなるケースはすでに年収の3分の1まで借入れをしている可能性があるのです。

それで、銀行カードローンの融資の申し込みについてはパスしたという人も少なくありません。それは銀行からの融資には総量規制といった規制がかからないからです。銀行からの融資は、総量規制の対象外ということですね。

もっとも、総量規制の対象外だからということで、属性の良いときに銀行からたくさんのお金を借りると、それだけで後の返済が大変になってしまいます。

銀行からの借入れは総量規制の対象にならないということは、年収の3分の1となっていても消費者金融会社からの借入れではありませんから、消費者金融会社のカードローンを利用することはできるということです。

ここに、総量規制の盲点があるということですね。それがわかっているからこそ、最初は銀行から借りたほうがいいということになるのです。

本題ですが、消費者金融会社のカードローンは借りやすいかということですが、借りやすいと考えるのが一般的です。使い勝手もいいですし、なによりも貸金業者ですから、お金を貸すことに特化している会社です。

大手消費者金融会社では、事故情報があれば貸し出すことはしないですが、中小消費者金融会社の中では、事故情報があっても借りることができる消費者金融会社もあるようです。

属性に不安のある人は、中小消費者金融会社にローンの申し込みをしてみてもいいでしょう。

消費者金融会にも様々なローンがある

消費者金融会社は、会社の規模によってかなりの幅があります。アコムやプロミス、アイフルといった全国的な知名度のある消費者金融会社は、大手と呼ばれる消費者金融会社です。全国に店舗があり、無人契約機も主立った都市に設置されています。

このような大手消費者金融会社の次に位置しているのが、中小消費者金融会社です。これも幅があり、中には大手消費者金融会社に匹敵するくらいの規模の消費者金融会社もあるのです。そして、街金です。小規模な消費者金融会社ですが、審査が緩く最後に頼るのは街金とも言われているのです。

そして、大手から中小、街金に至るまで金利は高くなりますし、反対に融資金額は少なくなる傾向にあります。大きく借りたいのでしたら、総量規制の問題もありますが、やはり大手消費者金融会社からの融資が一番でしょう。

収入に対して3分の1までしか借りることができないというのは、カードローンなどの一般的なローンに適用されるものです。消費者金融会社が扱っているおまとめローンや不動産担保ローン、さらには事業者ローンなどの目的のあるローンは、総量規制対象外です。

特に、他社借り入れが多くなっている人は、おまとめローンを利用するといいでしょう。条件としては、借りている借金の総額分の融資が可能かどうかということです。数百万円になる場合は、大手消費者金融会社、さらには中小消費者金融会社の中でも、比較的規模の大きい消費者金融会社ということになります。

中小消費者金融会社の中には、ローンカードを発行しているところもあります。それは、全国の銀行ATMやコンビニATMなどで利用できるものですから、便利です。

消費者金融会社の多くは、申し込み情報より信用情報機関に与信情報などの照会が行われます。銀行並に厳しく審査を行う消費者金融会社もあれば、事故情報がなければOKと言う消費者金融会社もあります。消費者金融会社によって、審査基準はまちまちなのです。

属性が悪くても、審査を断るのはなく保証人を立てるとか、融資金額の減額を求めてくる消費者金融会社もあります。保証人の場合は、保証会社を頼るといいでしょう。

消費者金融会社の選択から申込み、さらには審査から融資に至るまで、口コミサイトなどで多くの人が体験談を投稿しています。そこからの情報で、借りやすい消費者金融会社、あるいは借りにくい消費者金融会社などの判断材料に活用するのもいいと思います。

また、滞納などがあると、それは信用情報機関に記録されています。滞納は事故情報ほどではないですが、審査に大きな影響を与えます。多くの人が借金をしてまでも、支払い日にはきちんとお金を揃えるのはそのためなのです。

ですから、属性を下げることなく無理のない返済計画を立てることが重要ということですね。

消費者金融で審査落ちしたときの対処

消費者金融会社のローンの申し込みで審査落ちする一番の原因は、総量規制に引っかかっていることでしょう。この場合は、融資を受けることができないので諦めるしかありません。

総量規制のないA銀行やB銀行、C銀行を頼るという方法もあるのですが、総量規制までお金を借りているということは、すでに他社借り入れが多い、あるいは多重債務者ということになれば、銀行から融資を受ける事は難しいでしょう。

オリックス銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローンレイク、静岡銀行カードローンなど、銀行カードローンの中でも人気のカードローンはあるのですが、複数の他社借り入れがあると審査には通らないでしょう。

この場合、消費者金融会社のおまとめローンを利用するという手があります。おまとめローンでの融資は総量規制対象外ですから、これによって複数債務の一本化をするのです。

これまで、延滞などをしていなかったらいいのですが、延滞をしていたら、親友情報機関を通さないような街金を頼るしかありません。しかし、街金では小口融資しか期待できないので、よくて50万円程度の利用限度額となるでしょう。

100万円の融資というのは、望めないかもしれません。信用情報会社に加盟していない街金を狙う必要があります。

また、中小消費者金融会社では、信用情報機関に加盟していても照会情報を重視するのではなく、現在の属性を重視するところもあります。口コミサイトなどで審査が緩い消費者金融会社などを探して、申し込むという方法もあります。

あるいは、自分の属性がどうなっているのかを知りたい場合は、信用情報会社に信用情報開示請求をするとよいでしょう。これはどのような照会を金融機関や貸金業者がしているのかがわかるので、今後の勉強にもなると思います。

債務整理などの事故情報が記録されると、どの消費者金融会社からも融資を受けることはできないと考える人が多いと思います。

しかし、実際にはそうではなく、大手消費者金融会社や中小消費者金融会社では無理ですが、中小消費者金融会社の一部、さらには街金などでは、現在安定した収入があるのでしたらブラックOKというところもあります。これも、おおっぴらな情報ではないので、口コミサイトなどを注意深く探してみるといいでしょう。

消費者金融会社は返済能力などを重要視するので、現在きちんと働いて安定した収入を得ているのでしたら大丈夫です。また、現在の消費者金融会社のローンの利用限度額の増枠申請をするという方法もあります。新規でローンの申し込みをするよりも審査は緩いでしょうから、必要な金額にもよるのですが、少額でよければかなりおすすめな方法です。