審査に落ちるでもお金借りたい

お金を借りたいけどどこがいい?


お金を借りたいと思ったら、まずは銀行でしょう。銀行なら給与振込みなどで、取引しているところがあります。そこだったら、お金を貸してくれるはず…そう思う人も少なくないと思います。

給与振込みしている銀行でしたら、銀行カードローンなどの融資の申し込みをしたら、審査に通るでしょう。しかし、それにも但し書きがつく場合があります。

いくら銀行に給与振込みをしても、その人の属性が悪ければ銀行もカードローンの審査に通すことはありません。給与振込みがあっても、すぐにそのお金を全額引き出し、銀行に残高がまったくない状態でしたら、銀行も高い評価をしません。

それに、お金を貸す側としての銀行も、そういった金融商品を用意しておきながら、お金を借りたいと思っている人に対してそれほど優しいわけではないのです。属性を重視するので、パートアルバイトには融資を渋ります。他社借り入れなどがあると、正社員などでも属性が良いとは言えずに、審査に落ちる場合も少なくないのです。

そういった情報は、個人信用情報機関で共有されています。ですから、多重債務者であれば、銀行などの金融機関のキャッシングローンの審査に通ることはないでしょう。

また、多重債務から返済不能となり、金融事故を起こしたいわゆるブラックの人は、銀行からお金を借りることは不可能です。銀行からお金を借りることができない場合は、消費者金融会社のカードローンや通常のローンに頼るしかないのです。

しかし、大手消費者金融会社といわれる、アコムやプロミス、アイフルにレイクなども、ブラック状態の人にお金を融資することはありません。

可能性としては、消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社の次のランクとなる、中小消費者金融会社になります。このあたりになると、ブラックの人の申し込みでも審査対象としてくれるところもあれば、ブラックだということですぐに審査打ち切りという中小消費者金融会社もあります。

消費者金融会社といえども、ブラックの人はやはり厳しいということです。また、他社借入れがあると、大手消費者金融会社もかなり渋るでしょう。滞納や延滞があれば、大手消費者金融会社から融資を受けることはできないと考えたほうがいいと思います。

お金が必要なときには、まずは銀行カードローンに申し込むようにしましょう。そこで審査落ちとなると、次は大手消費者金融会社のカードローンです。ここでも断られるということは、自分の属性について見つめ直すときですね。正社員であれば多重債務状態になっている人でしょうし、パートアルバイトで収入が少なければ借りることができません。

世間体もあるし、消費者金融会社からは借りたくないという人も多いと思います。しかし、そういった人は、昔ながらのサラ金をイメージしているからでしょう。現在の消費者金融会社はそんなことはないので、心配することはありません。債務者といえども、しっかりと法律で保護されています。消費者金融会社も過度な取り立てはできなくなっているのです。

多くの大手消費者金融会社は、この10年20年の間に破綻。そして、新しく生まれ変わった消費者金融会社ですから、昔とは全く違った貸金業者と考えていいと思います。

消費者金融会社は借りやすい?


銀行と比較すると、消費者金融会社は審査が緩い。そして、お金を借りやすいイメージがあります。実際の所、そう思って間違いないでしょう。

しかし、昨今では、大手消費者金融会社の審査には落ちたのに、銀行カードローンの審査には通ったといった逆転現象が起こることもあるのです。地方銀行などは収益率が悪化しているので、多少のリスクがあっても、カードローンの貸し出しを積極的に行っているといった情報もあります。

また、消費者金融会社の審査落ちでは、総量規制が大きく影響しているのは間違いないところです。この総量規制というのは、年収の3分の1までしか借りることができないというものです。これは、消費者金融会社にのみ適用されるもので、銀行カードローンは適用外となっています。

ですから、消費者金融会社で審査落ちとなったのは、この総量規制にひっかかってしまった場合も大いに考えられます。年収300万円の人は、消費者金融会社からはトータルで100万円までしか借りることができません。銀行カードローンでは、そういった規制はありません。ですから、銀行が用意した融資可能額まで借りることができるということですね。

属性が低く、大手消費者金融会社から借入れができないという人もいるでしょう。そういった場合は、中小消費者金融会社を頼ることになります。

中小消費者金融会社の中には、大手消費者金融会社に匹敵するくらいの大きな規模の消費者金融会社もあります。知名度が低いだけで、全国どこからでも借りることができるようなカードローンを取り扱っている中小消費者金融会社もあります。

そういったところに、融資の申し込みをするのも一つの方法です。金利も、大手とそれほど変わらないのでしたら、中小消費者金融会社に頼るのも一つの選択肢と言えるでしょう。

また、中小消費者金融会社や小規模な消費者金融会社である街金の中には、ブラックでも借りることができたという情報も少なくありません。

金融事故を起こしてブラック状態にある人で、どこからも借りることができないという人もいることでしょう。そういった人は、ネットの口コミなどを参考にして、中小消費者金融会社や街金に融資の申し込みをしてみるといいでしょう。

どうしてもお金を借りたい


お金が必要だけど、審査に落ちてしまう場合は自分の属性に問題があるからです。属性というのは、信用です。つまり、信用できない人ということです。返済能力がないということでもありますね。

多くの人は、銀行からお金を借りたいと思っています。どこで借りてもお金の価値は変わりませんから、少しでも金利が低いローンとなると、それは銀行のローンということになるからです。

一方で、消費者金融会社と比べると審査が厳しくなるので、パートアルバイトといった勤務形態の人は銀行カードローンの審査には通らないでしょう。審査に落ち続けていると、そういった情報を信用情報機関が共有しています。申し込みブラックとして他の融資の申し込みにも、すぐに審査落ちとなってしまいます。

属性が悪く、融資を受けることができなくて、資金繰りが悪化すると返済不能となるでしょう。そうなると待っているのは、債務整理や自己破産ということです。さらに金融ブラックとなるので、消費者金融業者からお金を借りることはできないでしょう。

申込者に対して、融資窓口担当者は真摯に対応してくれますが、返済能力のない人にはお金を貸してくれることはありません。仮に申し込みまでできたとしても、審査落ちになるのは間違いないでしょう。

どうしてもお金を借りたいというときは、現在のカードローンの増枠申請をしてみるのも一つの方法です。審査がありますが、実績があるので、通常の新規で申し込む審査よりも審査基準は甘いはずです。

ですから、100万円利用限度額を50万円の利用限度額の増枠申請をするのです。これは、審査落ちを繰り返していて、どこからも借りることができないというときに有効な方法です。

また、おまとめローンも有効に活用したいところです。他社借入れが多い場合の新たな融資の申込みというのは、返済のための借金の場合が多いでしょう。他社借入れが多いと多重債務者とみなされて、審査に通ることができません。返済窓口も多くなると、返済自体も大変です。

そこで、複数の返済を一つにまとめるのが、おまとめローンです。もちろん、返済する金額が変わるわけではありません。ですが、返済窓口が一つになることだけでも返済が楽になることは間違いありません。

また、大きなメリットとしてローンが一つになるので、多重債務ということはなくなります。新たなローンの申込みにも審査落ちせずに、審査に通る可能性が高くなるのです。

お金が必要なときはどうしたらいい?


多くの人はクレジットカードを持っています。ちょっとしたお金が必要なときは、クレジットカードのキャッシング機能を利用することでしょう。急に、現金が必要となったときは、クレジットカードのキャッシングを使うのが一番手っ取り早いのです。

銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンに、ローンの申込みをする方法もあります。しかし、すぐに貸してくれるわけではありません。審査に通らないと貸してくれませんから、急な出費というときはクレジットカードが重宝するのです。

もしもそのときに、任意整理中といったことであれば、クレジットカードやローンカードは停止していることでしょう。そうなると、急な出費に対処する手はずがありません。

ブラック状態となっているので、そのときは、ブラックでもお金を貸してくれる消費者金融会社を探さなければいけないのです。

ここで、個人信用情報機関に加盟している消費者金融会社は、審査のときに信用情報機関に照会することで、ブラックということがわかってしまいます。この時点で、審査NGとなるのです。それでは、どこも貸してくれないのかというとそうではなく、信用情報機関に加盟していない消費者金融会社に融資の申込みをするのです。

街金のほとんどと、中小消費者金融会社の中には信用情報機関に加盟していないところがありますから、そこに融資の申込みをするようにしましょう。

その情報はどこで得るのかというと、ネットになります。消費者金融会社に問い合せても、信用情報機関に加盟しているのかどうかということは教えてくれません。

そこで、ネットのクチコミ情報で、ブラックだけどどこそこの街金はお金を貸してくれた。といった、情報を見ることがあります。そういった情報は利用者直々の情報ですから、信頼できるでしょう。そういった情報を元にして、街金などに融資の申込みをするようにしましょう。

審査に落ちてどこも貸してくれないとき


どうしてもお金が必要なのに、お金を貸してくれるところがない。そうなると、最後の手段はネットの個人融資掲示板が気になる存在です。できれば利用したくないのですが、背に腹は変えられないときもあるでしょう。

個人間融資ですから、業者は介在しません。個人の信用のみでお金の貸し借りをするのです。個人オークションと似たようなものと言ってもいいでしょう。

金額も少額で多くても数万円といったくらいですから、リスクはそれほど大きくはありません。むしろ貸す側のほうにリスクがありそうですが、意外なことに個人融資掲示板でのトラブルは報告されていないのです。泣き寝入りしている人が多いか、実際に取引がうまくいっているかといったことになりますね。

もっとも最近では、貸金業者が介在しているという情報も入ってきています。違法というわけではありませんし、借りる側としてはそういった業者からお金を借りるほうが安心できますね。

それでも、闇金が暗躍している場合もあるので、注意したほうがいいでしょう。魅力的な融資の話があっても、旨い話はないと思ってすぐに飛びつかないようにするのが賢明です。