総量規制が原因で審査に落ちた

総量規制が原因で審査に落ちた

事故情報は審査落ちの原因です。種類はいろいろですが、消費者金融によってハードルが違います。

大手消費者金融は厳しいですが、中小消費者金融や街金と呼ばれる金融業者では、そのハードルが低いです。ですから、大手消費者金融での審査に落ちたとしても、中小消費者金融での借入の可能性は大きいです。

総量規制に気をつけて

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は、同じ利用限度額です。年収3分の一がその数字で、どんなに多重債務になっても、この数字を超えるキャッシングはできません。この記録はすべて個人信用情報機関にあり、審査の段階で申し込みした金融業者で調べます。

そのときに、申し込み情報で何件の借入件数?借入額?という項目があります。ここで、ミスは致命的であり、きちんと、現在の債務状況は確認してください。このミスで、審査落ちをしてしまう口コミもあります。

本来なら借りれる予定がそれができないというのは、申し込み者の大きな落ち度です。

総量規制以上の申し込みはできない

これも、自分の総量規制を確認することです。100万しかないのに現在90万円の多重債務者で、20万円の希望は通らないです。

同じ申し込みを大手消費者金融のあちこちにしてしまうと、今度は申し込みブラックになってしまいます。これで、半年間のブラックになってしまうということになります。細かな数字かもしれませんが、多重債務者で新たに借りたい方は、自身の債務と返済の内容を確認されることをおすすめします。

プロミスなどの大手消費者金融では、総量規制の寸前でも借入金額が急に多いなどの対応で、借入ができないこともあります。

審査は甘いと聞いたけれど

中小消費者金融や街金は、ブラックでも借りれる消費者金融です。ですから、大手消費者金融審査落ちでも借りれる可能性はありますが、総量規制に関しては大手と同じ対応です。

よって、多く借りたいから、中小消費者金融の甘い審査は絶対に期待しないことです。ただ、総量規制いっぱいまでの借入は、返済能力があれば借入ができるかもしれません。

その他の金融事故で問題がないことが条件ですが、延滞や無収入などの場合は中小消費者金融でも借入はできません。

総量規制対象外と言えば、銀行系カードローンがありますが、審査は総量規制の関係する消費者金融より厳しいです。また、各消費者金融などにあるまとめローンも総量規制対象外ですが、こちらは基本的にブラックは対応していないことが多いです。