銀行での審査落ち 消費者金融なら大丈夫?

銀行での審査落ち 消費者金融なら大丈夫?

一般的に銀行カードローンよりも、消費者金融の方が審査は通りやすいと言われています。キャッシング内容としては、銀行カードローンの方が多額設定で金利も低いのですが、なかなか審査は厳しいようです。

銀行カードローンの魅力は、それだけではなく総量規制対象外ですから、年収に関係なくフリーローンとしてキャッシングに余裕ができます。そして、専業主婦も持てるカードもあります。しかし、実際の審査に関しては、うまい具合に行かず審査落ちになってしまう方が多いです。

銀行カードローンで審査落ちした方が消費者金融に申し込みをすると、あっさりとキャッシングができることが多いです。専業主婦に関しては、消費者金融の利用は出来ません。専業主婦だけに焦点を充てると、どちらの審査が厳しいのかわからなくなりますが、とりあえず消費者金融のほうが審査落ちする確率は低いとされています。

銀行と消費者金融の審査の違いは明確なデータはありませんが、考えられるのは個人信用情報かもしれません。現在、どちらの審査にもパートやアルバイトなど収入がある方については、審査対象になります。属性だけでの審査の違いはないようですが、過去の借金返済に対しての金融事故の有無などが関係しているようです。

債務整理ばかりではなく、遅滞や滞納などの事実があったり携帯電話の月賦の返済が遅れているなど、思いもしないことが審査の支障になることがあります。