多重債務が原因で審査落ち

多重債務が原因で審査落ち

どんなシーンにおいてもローンを組むときには、信用情報の照会が必要です。キャッシングだけではなくカーローンやショッピングでも、審査に通らなければ商品を手にすることは出来ません。消費者金融だけではなく、信販会社も信用がなければ利用できないということです。

店頭などでローンのお断りをされた時に、店員に文句を言っても始まりません。店員は信販会社に、信販会社は個人信用情報機関の照会によって決めることですから。この審査落ち、様々な理由があります。

ショッピング枠を使い果たしていただけ、キャッシング枠が残っていないという単純な理由の時もあります。この時は順調な返済をしたら良いわけですが、個人信用情報機関の照会により、今の状態のままならお金を課すことが出来ないと判断されて審査落ちになってしまう方もいます。

消費者金融でも多重債務に対しては、突然審査落ちのように、今までできていたキャッシングができなくなることがあります。消費者金融は、総量規制が関係しますから、その方の年収に応じて借入限度額が決まっています。まだ余裕があると思っても、返済時に発生する利息を考えると、これ以上の多重債務は返済ができない可能性があると判断されてしまうのです。

その時に、実は大きなお金が入る予定があり、多重債務を解消することができれば、診査通ることもありますが、ぼちぼちと返済をしているだけですと、危険な多重債務をみなされることもあるのです。

消費者金融で簡易診査の時に借入件数を入れるところがありますが、そこで数が多いとそれだけで審査落ちになることもあるのは、そういうことです。