キャッシングに使われる金利の計算方法

キャッシングに使われる金利の計算方法

このような式を使えば、借りた金額の金利による利息分をすぐに求める事が出来ます。借入額×金利及び年利)×借り入れの日数÷ 365日計算。さて貴方はいくら支払っている事でしょうか?金利の事をある程度把握していると、キャッシングの際も不安が無くなると思います。

ちなみに、こちらの計算方法は一括返済の場合のみ使える計算方法のようで、分割やリボルビング払いとなってくると金利計算シミュレーションを用いて計算するとの事です。詳しくは各金融機関のサイトをご確認されてみて下さい。

話は金利についてに戻りますが、金利はとにかく最初の内にと、頭でわかっているようでわかっていない事が多いと思われます。金利についてこの際もう少し勉強しておきませんか?

金利とは利子と同義

お金を貸す業者の売り上げとなるお金と言えば簡単だと思います。ですが、お金を貸す代わりに貸した金額と日数に比例して、一定の割合で発生する支払い分とでも言っておきましょう。要するに、借り入れ期間と金額の割合によって発生した支払い分を、手数料として頂きますよという感じです。

消費者金融はこのように成り立っているわけなんです。でなければ、タダでお金を貸すだけで利益を得る事が出来なければ、会社には無利益となってしまいますからね。少しでも金利や利息の事を学んでおくと、キャッシングの時に役立つかと思われます。うまく金利を計算して一番お得な融資先を見つけてみて下さい。