簡単キャッシングできない理由は?

簡単キャッシングできない理由は?

まずはカードローンやクレジットカードを持つことが肝心です。クレジットカードはショッピングメインという人もいるかもしれません。しかし、キャッシング機能持ついているのでここ一番というときにはとても使い勝手の良いカードです。一方のカードローンですが、このローンカードはキャッシングの専用カードということになります。ショッピングをするときはお金をキャッシングで用意してからの利用となります。

そういった専用カードを持つためにはまずは、審査に通らなくてはいけません。銀行カードローンも消費者金融カードローン、さらにはクレジットカード会社のクレジットカードにはそれぞれ審査基準があるのです。ですから、だれでもその審査に取るとは限りません。一般的に銀行カードローンの審査通過率が一番低い、つまり審査に通りにくいとされているのです。

しかし、最近の新聞の報道では、消費者金融会社のカードローンの審査には落ちたけども、銀行カードローンからお金を借りることができたという記事が載っていました。メガバンクのカードローンの可能性が高いのですが、傘下に消費者金融会社を抱えているので、債務保証を消費者金融会社に任せるといった方法での融資が取りざたされているのです。

また、銀行カードローンでは総量規制が適用外ですから、これによって借りすぎとなり、その返済に今度は消費者金融会社のカードローンを利用するという人も増える傾向にあるようです。

大手消費者金融会社も最近は前述した記事にもよるのですが審査を厳しくする傾向にあって、大手消費者金融会社の審査基準は銀行並になったのではないかともされています。事実、消費者金融会社のカードローンの審査に落ちても、銀行カードローンの審査にはパスしたという人も現われているのです。

審査にパスする人ばかりではない

当然ですが、審査にパスする人ばかりではありません。審査にパスするには属性がとても大事になってくるのです。よく出てくる属性ですが、これは一言で言うと信用度ということになります。

お金を貸してもきちんと返してくれる人は信用度が高いです。それを銀行や消費者金融会社などでは重視しているのです。だからこそ、パートアルバイトよりも正社員のほうが安定収入が見込めるので、属性が高いということになります。

社会問題にもなった派遣社員ですが、この勤務形態は一年あるいは半年での更新ということが多くパートアルバイトよりも属性は高くなるのですが、正社員と比較すると属性は低いと言わざるをえません。

以上のことから、銀行カードローンあるいは消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをする際は、自分の属性がどの程度で審査に通るのかどうかを判断するようにしたほうがいいでしょう。

審査に落ちても落ちた理由を金融機関や貸金業者は教えてくれません。簡易審査で落ちる場合もありますが、それは申し込み書に記載された内容で審査落ちしている可能性があります。その場合はやはり、勤務形態などを見られている可能性があるのです。