専業主婦でも借りれる配偶者貸付とは?

専業主婦でも借りれる配偶者貸付とは?

通常であれば働いている主婦以外の専業主婦の方ですと、金融機関からお金を借りる事が大変厳しいものとなっております。よって、消費者金融のカードローンへの申し込みは時間のムダとも思えてしまう程です。収入0で年収の無い主婦にとって、総量規制という年収の1/3しか貸し付け不可能の規制は、キャッシング申し込み時最大の痛手と思っておいて良いです。

でも、だからと言って専業主婦のキャッシングが絶対出来ないというわけでもありません。専業主婦枠の利用限度額は少ないものの、銀行のキャッシングローンであれば配偶者の収入によってお金が借りれるという事がわかりました。これを「配偶者貸付」と言って、専業主婦本人の収入が見込めなくてもご主人に収入があれば、信用情報機関など特に問題も無ければ審査は可決されるようです。

しかし、銀行であれば容易にお取引出来るのに比べ、これが消費者金融のカードローン申し込みとなりますと配偶者の同意書、配偶者との婚姻関係を示す書類、50万円超の借入には収入証明書が必要となります。ですので、大変面倒なんです。

したがって、専業主婦の方でしたら消費者金融系のカードローンへ申し込むよりも、銀行系カードローンでキャッシングをされる事をオススメ致します。これで専業主婦でも簡単に申し込んでお金が借りられます。配偶者貸付であれば、専業主婦で無収入の方でもカードローン・キャッシング可能となります。