簡単にお金借りる

簡単にお金を借りる人


何かあればすぐお金を借りる人は、自分中心な人が多い気が致します。借りても返さない人や踏み倒しする人などもいますので、大まかに言えば無責任な人も多いのかもしれません。

お金を借りる事は、世間から見れば非常識に捉われてしまう事が多いようですが、実際は借りる事は非常識なんかではありません。誰だってお金が足りなくて、お金の援助をお願いするのはあるってものです。

しかし、何が非常識なのかというと、こればかりに依存する人が借りるだけ借りておいて、返さないでいつまでも放置してしまう事に問題があり、非常識だと言えるのではないでしょうか。よく、お金が借りやすい所を聞いたり、簡単にお金を借りようとする人程、上記にあてはまるような人が多いとものだと思われます。

このようなお金の借り方をしていると、今大丈夫だとしていても最悪ブラックになり兼ねません。人間関係もこじれたり、信頼性ゼロになってしまうかもしれませんよね。近い将来このような人達の頭が、真っ白(ホワイト)になってしまうのが手にとるようにわかってしまいます。

散々無茶して借りておいて、最終的には司法書士や弁護士に泣き寝入りするしか無くなると思うと、何ともムシが良すぎる話なのではないかと思ってしまいます。

お金を借りまくる人の末路


お金に振り回されていると、人生がそのうちダメになってしまうものだと考えられます。つまり、お金を周囲から借りてそれを繰り返すような人には、それなりの悲惨な末路になると予想出来ます。

今しか見ていない将来性の無い人生であれば、必ず苦しい時期がやってくる事でしょう。仮に現在、お金を借りて乗り越えられている人も、いつまでもそれが続くとは言い難いです。お金を借りてばかりだと返済も難しくなりますし、その他出費が必要になった時にもその対応が出来なくなるわけですから、結局支払えないという状況に陥ってしまいます。これで笑顔で許してくる人なんて、まずいません。信用性を失えば一般人、金融機関共に貴方を突き放す事でしょう。

今だけが良くてもダメなんです。ちゃんとこれからの人生において、安定出来る仕組みを作っておかなければ、金銭の悩みはことごとく襲ってくる事だと思います。誰もが最終的に、自己破産でリセット出来るとお思いでしょう。しかし、自己破産はする時ではなくその実行後が一番大変なのです。

と言いますと、結局はお金を借りまくっている人に良い人生はやって来ないという、末路になってしまうのが明白だという事となります。今のままでいいわけがありません。そうせざるを得ない状況でも、何かと考え方と方向性を変えていかないと先に希望はありません。

何故消費者金融は銀行より簡単に借りれるの?


銀行は低金利であるのが特徴ですが、その利便性が高い分審査が結構厳しいものです。しかし、それに比べて一般消費者金融の審査は、銀行よりも優しいものとなっております。ある方の疑問では、銀行と金融の違いが知りたいとありました。何故、消費者金融の方が簡単にお金を借りられるのかどうかを知りたいようでした。

金融の審査も一般の大手であれば、決して凄く優しい審査というわけではありません。大手じゃないサラ金、街金であれば審査基準が変わる為、通過しやすいものだと思われますが、それでも銀行に比べれば、消費者金融の方が総合的に審査は易しめではありますよね。

これに対しては、個人の返済能力と信用力を審査するかしないかの違いでした。銀行であれば個人情報を取得したり事故履歴の確認、借入残高の確認、借入後の返済額が年収と比較してどの程度かの把握して、審査基準に適しているかどうか、勤務先の問題の有無や今後の収入の安定の有無。これらの事を全て一貫して通った人だけが審査OKとなるわけです。かなり細かな審査がされているようです。

サラ金の場合ですと、個人情報取得、事故履歴があるかどうかを調べて、無担保借入残高が年収の半分以下で審査OK。明らかに消費者金融の方が、審査通過率は銀行より高いという事となります。金融庁のガイドラインにもよれば、50万までは即決で即貸して良いという事にもなっているようで、比較的即日融資も可能の所が多いのが魅力ではありますが、借りるのが簡単でもご返済が難しくなるケースが非常に多い為、ここで多重債務となってしまうリスクが高まる問題点がありました。

審査が銀行より易しめの金融ですが、下手すれば借金返済する為だけの人生になる事もあり得えるから、簡単に借りれるとは言っても気をつけましょう。

簡単にお金を借りるリスク


審査が緩くて易しい金融は、庶民の味方と一見思ってしまいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。気軽にお金が借りやすいという事は、それだけ利用回数も頻繁になってくるものだと考えられます。となると、返済しても借りるという行為が自然にループされてしまいますので、借金生活からは解放されないという状況になってしまいます。

それが今現在安定出来る方法だったとしても、プラスアルファで出費が出てきたりすると、今度は返済がそっちに集中したりして、肝心な借りた分が返せなくなる事だってありますよね。キャッシングとは切っても切れないものだと思いますが、時には線引きをしてケジメをつけて利用する時と、しない時の区別をつけておいた方が良いでしょう。

ある程度時期をおいて再利用すれば、その間の出費に苦しむ事も無いはずです。大体普通に働いていれば、不可能な支払いなんてそうそう無いはずだと思われます。もしくは、その不可能な支払いを借金してまで作った事に問題があると思われます。平穏無事な生活を望むのであれば、ノーリスクで出来る事を持続するべきだと思われます。

もちろん夢があったり独立したい人であれば、ノーリスクとはいきません。とは言っても、最初から多額の借金をしてまで何かをやろうとするのは、非常にリスクが高いですよね。とにかく簡単にお金を借りられるからどんどん借りる方向性だと、決して楽しい人生にはなりませんし、その時が良くても後で後悔してしまうものです。

軽はずみにキャッシングを利用すると、後の借金として重たくなって襲い掛かってきます。そう考えると、終始簡単にお金を借りれる事は、多分何処も無いんだと思われます。

簡単に銀行でお金を借りる手続きをする


銀行でお金を借りたいと思っている人がおりましたが、どうやったらお金が借りられるのかとの事でした。手続きにしても、何が必要でその時に用意するものなどがわからなかったそうです。

この方は一人暮らしを始めたばかりだったのですが、貯金もろくに無かったようで、アパート暮らしをしている身分でもあり働いているとは言えど、アルバイトの深夜のコンビニでそんなに多くの給料も貰っていないみたいでした。

街中で金融のCMを見たけれど、何か違和感があったみたいで利用したくないとの事。友人からオススメされていた銀行を調べて、パンフレットを見た所、銀行から今後の生活面の補いも兼ねて、お金を借りたいと思ったそうでした。手続きの敷居が当人は高く思えておりましたそうで、いざ手続きとなるとどうすれば良いのか悩んでおられました。

これに対して、銀行でお金を借りられるようにする手続きは簡単との事です。まず用意するものとして身分を証明出来るもの、銀行の通帳、登録する為の印鑑、最近の給料明細(一番新しいもの)これらを持って、お近くの銀行の融資科という所へ行くとの事。手続き詳細は、その場で教えてもらいながら書く為、比較的スムーズに展開するとの事です。

銀行系のカードローンであれば、限度額は20万円・50万円・100万円などがあります。書類提出後ニ、三日すれば連絡が来るみたいでした。これでサラ金を利用しなくても良いのと、何よりも低金利の銀行で無理なくお金を借りたり、返済も可能になるという利点を得たという事です。当人もアルバイトなので、低金利の銀行には納得されておりました。生活面や金銭の工面においても、これからどんどんお世話になりたいとの事でした。

銀行って審査は厳しい印象ですが、お金を借りる手続き自体は意外と簡単に出来るものだったんです。