審査が容易 キャッシング

甘い審査の中小消費者金融 信用情報の金融事故でも借りられる

カードローンやキャッシング、クレジットカードなどお金を借りたり、支払いがカードで行う時、信用情報が審査されます。その他収入の有無なども関係します。その審査基準は、金融業者、カード会社では違います。

審査が容易とは甘い内容である事

特に消費者金融系では、甘い審査の中小消費者金融や街金との情報が多いです。
カードローンの審査に通らない場合に、甘い審査とか柔軟審査で検索される金融業者では、大手消費者金融とは比較にならないほど、審査が容易です。クレジットカード会社でも審査基準が違います。

甘い審査ということは?

消費者金融会社では、ブラックリストでも借りれる可能性が高いです。
ただし、全てのブラックリストではなく、一部の金融事故に対して寛容な審査になることが多いです。
その変わりに、ローンカードがなくフリーローンで、希望額のキャッシングになり、借入限度額も少ないです。

甘い審査ですから仕方のないことで、カードローンのように便利なキャッシングはできませんが、それでも中小消費者金融の存在はありがたいです。ブラックリストでも借りれるということで、ブラック対応とかブラックOKの情報がある金融業者では、諦めることがない方もいます。

個人信用情報の内容

ブラックリストとは金融事故がある方です。多く借りすぎていたり、債務整理者にある記録ですが、大手消費者金融や銀行カードローンで7年間は審査落ちになります。

中小消費者金融などでは、ブラックリストでも収入があり返済の可能性があるのなら、少額のキャッシングができるようです。一人ひとりの立場や状況が違いますが、中小消費者金融も保証人や担保無しのキャッシングになります。

ブラックリストでも諦めない

債務整理者では、任意整理や個人再生の返済中でも借りれる場合もあります。
自己破産では1年程度過ぎていれば、記録があるとしても借りれます。

1年未満でも官報で発行された債務者に対して、容易な審査の中小消費者金融からのDMがくることもあります。安定収入なら、自己破産直後でも相談に乗るということですが、甘い審査の中小消費者金融の可能性にかけてみるのも良いでしょう。

大手消費者金融や銀行カードローンの審査では、厳しいと考えてください。
金融事故情報があると、このような消費者金融系のキャッシングが絶対に無理です。
無理な申し込みはせずに、直接中小消費者金融などに行くことをオススメします。
ヤミ金ではない正規の街金と中小消費者金融のことを調べてから行くことをオススメします。

借金したいけれど、ブラック、フタバのキャッシングがオススメですが

東京の金融業者フタバは、中小消費者金融ですが、ブラックリストでもキャッシング相談ができます。

老舗フタバの存在

信用情報で金融事故がある方は、ブラックでも借りれる消費者金融会社を探していることでしょう。
そんな時、東京にあるフタバの会社名を目にする事もあります。
情報サイトでは、50年以上経営している金融業者とあります。

中小消費者金融としては安心できる会社であり、借りれない方でも、とりあえず相談に乗ってくれます。
ホームページでは、4社までの多重債務対応とあります。

中小消費者金融では珍しいことですが、総量規制範囲内で4社までは借りれるということです。
ちなみに大手消費者金融では3社も借りられないことでしょう。

債務整理も要相談

中小消費者金融の多くは、審査で直接債務の状況を聞きます。
この時に債務整理後である時には、正直に話しをしてください。

普通は7年間程度は借入ができないのですが、話し次第では、すぐに借りれることがあります。
これは、フタバが過去のことよりも、これから返済できるだけの収入と言葉があることを重要視するからです。流石に借入限度額は少なく、金利は高めです。

ただし、フタバでは初回の利用者に限って、30日間無利息期間を設けています。
中小消費者金融で珍しい対応であり、金利ゼロ魔の期間があり良心的です。

容易な審査フタバで確実に借りるために

イオンカード、アコムでも審査落ちでフタバに行く。
中小消費者金融で甘い審査が期待されますが、その前にチェックです。

  • 多重債務で3社しかない。
  • 延滞と遅滞はしていない。
  • 年収が100万円以上あり、勤続年数も1年以上である。
  • 在籍確認もできる環境で働いている。
  • これらの事があれば、可能性はあります。

    そして、フタバで借りようとしている金額は確実に返済ができることです。
    消費者金融会社では、以前ほど取り立てなどは厳しくないと言いますが、それでも大手消費者金融のような柔軟な取り立てではないです。

    さらに、返せなかったら債務整理をしようというのも、フタバでは考えてはならないです。
    大手消費者金融などの審査落ちでフタバに行くのには、債務整理前提では絶対にいかない方が良いです。
    いよいよ持って、今借りたいお金があり、それは確実に返せるだけの自信がないと、フタバ行きはオススメしないです。

    消費者金融系カードローンとは違い、キャッシングの審査は甘いですが、返済には厳しい。
    フタバだけではなく、甘い審査、容易な審査ではこれは鉄則です。

    申し込みブラックの恐怖 消費者金融で気をつけたい事

    案外と知らないブラックリストの一つに申し込みブラックがあります。
    大手消費者金融や銀行カードローンでは、続けて何社も申し込みをしてしまうだけで、ブラックリストになってしまいます。これで半年間は審査落ちになるということです。

    何かの間違いで

    大手消費者金融などでは、間違った申し込み内容でも審査に通らないです。
    例えば、年収だったり、勤務先などの情報が違ったとしても審査に通らず、それを続けて違う大手消費者金融に申し込みしてしまうことでの審査落ちです。

    これは大変なミステイクですが、そんな時には容易な審査の中小消費者金融がオススメです。

    間違いがなければ

    申し込み内容で、収入がきちんとある。
    信用情報でも申し込みブラック以外では大丈夫であれば、在籍確認ができれば普通に借入ができます。
    申し込みブラックは審査落ち対象にならないことから、ローンカードがないキャッシングですが、申し込みができます。

    不安な申し込みブラックになりますが、大手消費者金融の続けての申し込みは厳禁です。
    ちなみに、中小消費者金融の続けて申し込みでは、申し込みブラックとは言わないです。

    どうして中小消費者金融では大丈夫?

    それは、大手消費者金融の審査基準とは違うからです。
    もともと、保証人も担保もないキャッシングでは、大手消費者金融と中小消費者金融と同じ審査内容であれば、誰も中小消費者金融にはいかないです。

    ローンカードはないし、サービスも良くない。金利も高めですし、会社名も知らない。
    そこで、審査基準を少し低くして、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちを対象にキャッシングサービスをしています。ですから、申し込みブラックでも対応しているだけではなく、債務整理者も借りれる寛大な審査です。

    連帯保証人とかいる?

    中小消費者金融の中にも、審査基準の違いがあります。
    最近では、インターネットでも情報も多いですが、究極のブラックリストでは、連帯保証人を付けて借りれたという口コミもゼロではないです。

    しかし、原則的には保証人の必要がなく、本人の収入が安定している事が必要とされています。
    個人信用情報よりも本人の返済意思であり、連帯保証人は必然的な存在ではないようです。

    究極のブラックリストの方は、容易な審査でも中小消費者金融の借入ができないと思った方が良いです。
    信用情報が生命線ですが、債務整理後にスッキリとして中小消費者金融に行く方が借りやすいです。
    自己破産でも任意整理でも、返済が少ない方が断然借りやすいのが、容易な審査です。

    審査が甘いのは消費者金融ですが…

    銀行カードローンと大手消費者金融の審査では、大手消費者金融の方が甘いです。
    カードローンとして同じ内容ですが、銀行の方が低金利です。横浜銀行カードローンやネット銀行では、容易な審査といわれることもありますが、消費者金融の方が甘いです。

    銀行の審査

    銀行カードローンの審査では、本審査は保証会社が行います。
    保証会社は様々で、大手の銀行では大手消費者金融が行なっています(傘下の関係から)。
    保証会社でも甘いと厳しいの差があります。

    横浜銀行カードローンの甘いとされるのは、こうした関係からです。
    銀行では、取引が長い、預金が多いなどの関係も審査を左右します。

    延滞や遅滞をしている場合は別ですが、返済額が小さな希望額では、銀行カードローンでも借りやすいところはあります。ネット銀行ではなく、信用金庫や地銀も狙い目だとされています。

    専業主婦は銀行カードローンしか申し込みができない

    大手消費者金融の方が容易な審査ですが、収入がない専業主婦は、銀行カードローンが持てます。
    個人信用情報だけの内容で借りれるので、限度額は少ないです。

    無職、家事手伝いではなく専業主婦というのが大きなポイントであり、最近では配偶者の収入証明書が必要な場合もあります。しかし、収入がない専業主婦でも借りれる銀行カードローンの対応は、容易な審査の1つと言えます。

    収入があれば

    最近では、アルバイトやパートでも借りれる様になっています。

    年収100万円程度でも総量規制年収3分の一ですがキャッシングができます。
    金利は、利息制限法20%を越えることがなく、たいていリボ払いです。大手消費者金融などでは無利息期間があって、集客もしていますが、これは上手に利用してほしいところです。

    使わないのなら解約を

    完済してしまったカードローンは、そのまま持っておかないで、解約してしまう方が良いと言います。
    持っていたら、使ってしまうだけではなく、次に新規のキャッシングの時に、完済しただけと解約した場合の信用情報の内容が違うと言います。

    たいていは、完済後もそのまま持っているローンカードですが、解約してしまうことで、身の潔白を証明することができます。

    また申し込みをするのは面倒といいますが、web完結ですぐに行う事ができます。
    その時に、信用情報がキレイ、金融事故情報がない個人信用情報であれば、大手消費者金融では即日融資ができますし、安定収入なら銀行カードローンもいけます。

    借入している時

    次に借りたいという時には、中小消費者金融もオススメです。
    多少の金融事故なら借りれることがあります。
    甘い審査の消費者金融で、口コミが多い金融業者がベストです。

    中小消費者金融のカード発行はないけれど、審査は容易

    カードローンのキャッシングは、ATMがあれば時間を気にしないで利用ができるからです。
    あなたは安心して貸せるので、審査に通ります。

    大手消費者金融、銀行カードローンが持てるのは、厳しい審査をくぐり抜けたからです。
    ローンカードが持てるのは、個人信用情報に金融事故情報がないからです。

    住宅ローンがあったとしても

    キャッシングをする時の個人信用情報では、住宅ローンやカーローンの借入は関係ないです。
    総量規制は大手消費者金融の限度額ですが、キャッシングのみに対応しています。
    ですから、銀行カードローンの借入も大手消費者金融の限度額には左右されないです。

    金融機関の借入では、キャッシングとは別になっています。
    審査内容は口コミでいろいろと言われますが、安定収入があり、多重債務ではなく、延滞していないことが条件になります。ですから、目的ローンがある場合のキャッシングではあまり憂うことはないでしょう。

    消費者金融の審査で関係するのは?

    消費者金融とクレジットカードのキャッシングの部分です。
    これが、年収3分の一以内であれば良いです。

    大手消費者金融では2社程度、中小消費者金融では4社が限界です。
    もし、新規の申し込みをしたい方で、現在多重債務の方は参考にしてみてください。
    金融会社では、案外と柔軟な審査であり、総量規制範囲内では借りれることが多いです。

    ただし、返済見込みを付けてからの借入をすることは絶対です。
    消費者金融会社で支払いができないとなると、債務整理しかないです。
    延滞と遅滞は、容易な審査の中小消費者金融でも全滅です。

    払えない人が新規のキャッシングはおかしいでしょうとの見解です。
    しかしながら、あくまでも総量規制範囲内で返済を続けている方が対象です。

    債務整理後のキャッシング

    大手消費者金融や銀行カードローンでは10年経っていれば、借りれる可能性は大きいです。
    ただし、住宅ローンなどは審査落ちです。キャッシングだけの話しです。
    中小消費者金融などでは、1年以降で相談に乗ってくれます。

    その時には、限度額は少ないですが、順調に返済をしていくことで信用ができ、最終的には総量規制までの借入ができます。消費者金融会社で、中小消費者金融のことは、情報サイトも多いですが、正規の金融会社に行くことです。

    中にはヤミ金が堂々と中小消費者金融の名前を語っていますが、ここは金融会社ではなく、単なる犯罪集団であり、詐欺集団です。ここだけは絶対に注意して申し込みを検討してください。