お金を借りるならどこがいい?

お金を借りるならどこがいい?


お金を借りたいと思ったら、まず頭に思い浮かぶのは銀行ではないでしょうか。銀行なら取引しているところがあるから、そこだったらお金を貸してくれるはず、そう思う人も少なくないでしょう。

特に給与振込みしている銀行でしたら、銀行カードローンなどの融資の申し込みをしたら審査に通るでしょう。しかし、それにも但し書きがつくのです。というのも、いくら銀行に給与振込みがあっても、その人の属性が悪ければ銀行も融資をしないでしょう。

給与振込みがあるだけで、すぐにそのお金を全額引き出していて、銀行に残高がない場合でしたら、銀行も高い評価をしないのです。ですから、銀行からお金を借りたいとなると、多少でも預金残高を残しておいたほうがいいです。それでも、お金に困ってカードローンなどの融資の申し込みをしたい場合は、預金残高も底を突いている人も少なくありません。

銀行の場合、安定した収入があって、他社借入れがない場合でしたら、審査に通って融資を受けることができるでしょう。安定した収入というのは、毎月決まった額の給与振込みがあるということです。それはすなわち正社員として月給制で働いている人ということになります。カードローンなどの申込み書には、その条件として「安定した収入のある人」とあります。

これは、正社員を意味している言葉ではないのですが、銀行カードローンの融資申込みの条件として、これは正社員であることのほうが多いのです。そして、もう一つの条件は他社借入れがないということです。

これも、カードローンの申込み書に、他社借入れの有無と借入残高の合計を記入する欄があります。ここに大きな金額が載ってしまうと銀行も融資をすることはないでしょう。そうなると気になるのが住宅ローンの存在です。

住宅ローンのある人は融資を受けることができないのかというと、そんなことはありません。住宅ローンは除くと、借入件数や借入残高を記入する欄に書いてあるはずです。住宅ローンは保証会社もついていますし、生命保険に加入することも義務づけられているので、その点で、借入れ物件としては別格の扱いを受けているのです。

お金が必要なとき、まずは銀行カードローンに申し込むようにしたいものです。そこで審査に落ちれば、消費者金融会社に頼るという決断ができます。

また、一般的に銀行カードローンの審査は厳しいとされていますが、正社員であって他社借入れがなければ、審査に落ちることはないでしょう。銀行の審査が厳しいと言う人はすでに属性が下がっている人、他社借入れのある人などが多くなっているはずです。

あるいは、パートアルバイトの人では安定した収入とみなされないので、銀行カードローンの審査に通ることは難しいです。それでも、まずは銀行カードローンに融資の申し込みをして審査の結果待ちでそれ以降の判断をするようにしましょう。まずは銀行カードローンに申し込むということですね。

どうしてもお金が必要だけど


お金が必要だけど審査に落ちてしまう…その場合は自分の属性に問題のあることが多いです。属性というのは信用という意味ですから、言葉は悪いのですが信用できないということになります。言い換えれば、返済能力がないと思われているということですね。

多くの人は銀行からお金を借りたいと考えます。それは、銀行カードローンなど銀行からの借入れの金利が消費者金融会社などの貸金業者と比べて低いからです。

しかし、いっぽうで審査が消費者金融会社と比べると厳しいので、パートアルバイトといった勤務形態でしたら、金額にもよりますがローンの審査に通るのは難しいかもしれません。消費者金融会社の審査基準が銀行と比べて低いのは、消費者金融会社が貸金業者だからです。

利用者にお金を融資して戻ってくる金利手数料、いわゆる利息が収益源となるからですね。そのため消費者金融会社の消費者ローンは充実していて使い勝手がよいものが多いです。これで金利が低ければ言うこと無しなのですが、その点は仕方ないと言ってもいいでしょう。

しかし、消費者金融会社は昔のサラ金のイメージがあるので借りたくないという人が多いのです。しかし、銀行から借りることができなければ、どうしようもありません。どうしてもお金が必要なのに銀行カードローンからの融資を受けることができないとなると、やはり消費者金融会社に頼るしかないということになりますね。

消費者金融会社にもその業容からかなり幅があり、大手消費者金融会社から中小消費者金融会社、さらには街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社もあります。小さな消費者金融会社の中には債務整理中の人にも融資をしてくれるという消費者金融会社もあるようです。

このあたりは口コミ情報ですので真偽のほどはわからないのですが、ブラックの人でも融資を受けたという口コミサイトでの書き込みはよく見られます。街金などの消費者金融会社の名前も出ているので自分で確かめるのもいいでしょう。

もっとも、ブラック状態にある人は金融機関や貸金業者からお金を借りることは難しいでしょう。信用情報機関にブラックであるということが共有されているので、まず銀行からお金を借りることはできません。

大手消費者金融会社も無理でしょう。とはいってもブラックの人にお金を貸してはいけないという法律はありません。借りることができないのは社会的制裁の意味が強いということですね。ですから、どうしてもお金が必要で銀行や大手消費者金融会社からお金を借りることができないという人は街金などの消費者金融会社に頼るという方法があります。

お金が必要なときはどうしたらいい?


多くの人はクレジットカードを持っています。どうしても早急にお金が必要となったときは、クレジットカードのキャッシングを使うことが一番手っ取り早いでしょう。

銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンからお金を借りる方法もありますが、すぐに貸してくれるわけではありません。審査を通らないと貸してくれないのです。そのときにすでに任意整理中であれば審査に通ることはまずないでしょう。

クレジットカードもそのうち手持ちのカード全てが利用停止となる可能性があります。そうなる前に、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りる方法が一番早いのです。

どうしてすぐにキャッシングできるのかというと、クレジットカードを作るときにすでに審査を受けているからです。そのときの信用でクレジットカードが利用できているというわけですね。それでは、その信用がずっと続いていくのかというとそうではありません。

クレジットカードには使用期限が刻印されています。その使用期限が近づくと再度審査を受けることになって、そのときの属性が悪ければ、クレジットカードを更新することはできずに、そのまま解約となってしまうのです。

また、クレジットカードのキャッシングは困ったときにとても便利なのですが、すぐに金利手数料が発生します。ですから、少額のお金を借りるのには向いていますが、大口たとえば10万円20万円のキャッシングには向いていないと考えたほうがいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングの利用限度額にもよるのですが、一般的には30万円から50万円が多いようです。ショッピング枠と共有されていますし、月々の光熱費の支払いやスマホの支払いなどをクレジットカードで支払っている人は、多額のキャッシングによって残高不足になって引き落としができないということがないように注意しなくてはいけません。それも立派な滞納ということになるからです。

金融ブラックになってもしばらくはクレジットカードが利用できる場合もあるので、背に腹は変えられずにクレジットカードのキャッシングを利用する人は多いことでしょう。しかし、契約者貸付けにも限度があるので、借りれるうちに借りておこうというのではなく、しっかりとした返済計画を考えてから借りるようにしたいものです。

いずれにしても債務整理中であったり、信用情報がブラック状態になっている場合は、遠からずクレジットカードの利用停止になってしまうので、それまでに借りるというのが最善の方法かもしれません。しかし、借りすぎても返済しなくてはいけないということもしっかりと覚えておきましょう。消費者金融紹介などを利用して、街金などの金貸し屋に相談するのも良いでしょう。

ネットの口コミ情報を活用する


どうしてもお金が必要な理由が生活費が足りないというのでしたら、すでに生活が破綻していると思ってもいいでしょう。債務整理の道しかないかもしれません。一方でまだまだ立て直せるというのでしたら、どこかからお金を借りなくてはいけません。

しかし、どこからもお金を借りることができないから焦っているのだと思います。そういったときはインターネットを活用しましょう。キャッシングしすぎて、クレジットカード会社からの請求書が届いているのでしたら期限までにしはらわなければ滞納扱いになってしまいます。一度滞納してしまうと次の支払いに未納金がどんどん加算されていくので立て直すのが大変です。

滞納となるとその情報が信用情報機関に記録されるだけではなく、自分自身もさらに窮地に追い込まれてしまうのです。資金繰りが悪化しても、お金があればなんとかなって立ち直ることができるというのでしたら、何とかしてお金を用立てしなくてはいけません。

大手消費者金融会社からお金を借りることができなければ、中堅消費者金融会社のローンに申込みをするようにしましょう。中堅消費者金融会社はかなりの数があります。どこがいいのか、審査が通りやすいのかは、自分ではわからないものです。

そういったときはネットの口コミ情報を参考にするようにしましょう。消費者金融会社関連の口コミサイトには、自分の属性を書き込んで、どこそこの消費者金融会社でいくら借りることができたというような書き込みが多く見ることができます。その人の属性と自分の属性を照らし合わせて似たような属性の人の口コミ情報はとても参考になることでしょう。

同じような属性の人が借りることができたのですから、自分も借りることができるということですね。そのときの消費者金融会社の名前も出ているはずですから、その消費者金融会社のローンに申し込むようにすると高い確率でお金を借りることができるでしょう。

また、多重債務者は属性がかなり低くなっています。借金の返済のために借金を繰り返しているように見られるのです。おまとめローンは多重債務者のためにあるのでは?という意見もあるのですが、複数の債務と多重債務は分けて考えることが一般的です。複数の債務は3件程度でしょうか。それ以上の他社借入れとなると多重債務になるということですね。

もっとも、このような多重債務者でも融資を受けることができるようです。そういった情報も口コミ情報にあふれているので参考にするといいでしょう。消費者金融審査がかなり甘いところもあるようです。そういったところをネットの口コミ情報をフル活用して探していくといいでしょう。

借金を多く抱えている人に対しては、消費者金融紹介センターといった機関もあるので相談してみるといいと思います。

最後はどこに頼る?


どうしてもお金が必要で、それでもお金を貸してくれるところがないとなると、ネットの個人融資掲示板が気になるという人もいるでしょう。しかし、どうしても闇金などの違法業者が暗躍しているようなイメージがあるので、気をつけたほうがいいです。

個人間で融資を行うための掲示板といいながら、口コミなどを見ても業者が介在していることが多いのです。中小消費者金融会社や街金などは知名度も低いので、このような掲示板を利用してローンの利用者を募っているのです。

本当に個人が融資してくれるケースもあるかもしれませんが、それはそれで信用度の問題が気になります。ですから、まずは消費者金融会社に相談したほうがいいでしょう。

担当者によっては親身になって相談に乗ってくれるでしょう。貸付けについては、当然ながら返済しなくてはいけません。どこでもいいから貸してくれるのならというのではなく、きちんとして返済計画を事前に考えておくようにしましょう。金利計算などは複雑で専門家ではないのですから、返済シミュレーションなどのあるサイトできちんと計算するとよいと思います。

また、個人再生中の人にはお金を貸せないというところが多いのですが、口コミ情報などにはブラックの人にも融資をしてくれる消費者金融会社の名前がたくさん並べられています。真偽のほどもあるのですが、実際に自分で問い合わせるのもいいでしょう。

中小消費者金融会社や街金などでもネットの公式サイトを持っているところがあります。しかし、セキュリティが脆弱なところもあるので、申込みフォームに個人情報を書き込むよりは、自分で店舗に行ったほうがいいかもしれません。

もっとも、WEBのみでしか対応していない消費者金融会社もあるのでその限りではありません。自己破産をしていればお金を借りることはできないと思っている人も多いでしょう。そういった法律はないので、現在の属性だけを見て融資をしてくれる中堅消費者金融会社や街金が必ずあります。

金利は高くなっていますが、上限金利があるので、マックスだとしても20%です。これでもかなり高いのですが、返済期間を十分に取ることで月々の負担を減らして借金を完済するようにしましょう。どうしてもお金が必要な場合は、そういった情報をネットなどで調べてさらに自分の足を使ってお金を調達するようにしなくてはいけません。