専業主婦がクレジットカードに申し込むときのコツ

専業主婦がクレジットカードに申し込むときのコツ

専業主婦というと、ご本人に直接入る給与がないことから、クレジットカードに申し込みをしても審査に通過するのかという心配があります。ちょっとしたコツを押さえて申し込みをするだけで、審査に通りやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードには、利用できるお金の上限が設定されます。カード会社の加盟店にカードを提示するなどして、買い物や食事などができるのがショッピング枠。ATMなどから現金を引き出して使えるのが、キャッシング枠です。

専業主婦はキャッシング枠の希望金額を0円にしておくと、審査に通る確率がアップします。ショッピング枠の希望額も専業主婦が申し込むときは少なめに申請し、多くても30万円までにしておきましょう。専業主婦に限らず、一般的に審査に通るか心配な場合でも希望上限金額を少な目にしておくと、クレジットカードが作りやすくなります。

キャッシングの申し込みを行うと、貸金業法に従って審査がスタートします。貸金業法では、キャッシング枠とショッピング枠とで、審査が2回行われます。キャッシング枠の希望額を0円にしておけば、クレジットカードの審査が2回から1回に減ります。その分ハードルが下がり、クレジットカードが発行されやすくなりますので、このポイントは外さないようにしてみてください。

ショッピング枠を30万円より少なく申し込むことにも、クレジットカードの審査を通りやすくするコツがあります。それは、30万円以下の利用限度額の場合、支払可能見込額に関する調査はしなくていいという法律があるからです。2つも審査で引っかかりやすい要素をまぬがれることができれば、通過する確率はグンとあがるでしょう。

クレジットカードの申し込みフォームには、年収を入力する欄があります。ここは、配偶者の年収を足して世帯収入を伝えましょう。以上の3つのポイントをしっかり押さえられれば、専業主婦でもクレジットカードを手にできやすくなりますので、ぜひ実践してみてください。