入力ミスで審査落ち?そんな簡単に借りれないもの?

入力ミスで審査落ち?そんな簡単に借りれないもの?

大手消費者金融は多重債務目的で申し込みをしました。そうなると、現在の借入状況は正確に入力する必要があります。

虚偽はわざとではないのに

現在、借入は何件ですか?いくらですか?という質問があります。何件、いくらで数字が違うと審査に通らないです。個人信用情報機関で確認をしたら、大手消費者金融側では正確な数字はわかります。

当然確認はしますが、申し込み情報で、申込者がわかっているか?正確に入力をするかが問題です。このくらいだったかな?は厳禁、審査落ちの原因です。現在借入金の確認をしてから申し込みをしてください。

大手消費者金融によっては、2回程度は申し込みし直しができます。しかし、何回も間違った数字の申し込みでは審査落ちです。

これが虚偽申請

もちろん、本人がたまたま間違っただけで悪気はないですが、キャッシングの申し込みではそう判断はしないです。いいかげんな申し込みだと、それだけ審査落ちになります。

信用情報でクリアしたとしても在籍確認がありますが、会社名が違っていたり電話番号が違うのも厳禁です。申し込み内容は1文字も間違ってはならないです。住所等の身分証明書の提出書類がありますから、ごまかしようがないです。

大手消費者金融としても、申込者が本当に存在していて信用情報と同じ借入であり、働いているかまでを確認しなければならないのです。利用はそう簡単にできるのではなく、いい加減な申し込みではNGになります。

大手消費者金融は総量規制範囲内はOKだよね?

確かに、限度額は年収3分の一ですが、あるとき急に借入ができないこともあります。それは短期間に借りすぎないことです。1週間に3回とか、何日も続けてダラダラと借りているのも審査落ちになります。

自動ロック作動で、返済しないと借入ができないことになります。多重債務で他社借入をした時も同じです。

大手消費者金融では限度額の提供

◯◯円借りたいではなく、◯◯円まで借りれる大手消費者金融では、限度額が決まっています。その範囲内は確かに良いですが、続けて限度額まで借りるとかの危険な借り方はしないほうが良いです。

どうしても必要な場合はありますが、大手消費者金融では危険要因となってしまいます。

虚偽にしても限度額にしても

悪気がない、きちんと返すし、たまたま間違ったという借り方です。こうした小さなミスや誤解があるだけで、借りれないという結果になってしまいます。そんなに多重債務でもないのに審査落ちの時には、入力をミスを考えてみてください。