延滞と無収入は審査落ち決定 中小消費者金融でもNG

延滞と無収入は審査落ち決定 中小消費者金融でもNG

カードローン利用を順調にしてきた時、急に消費者金融での借入ができない場合があります。

そこで慌てて、他社の消費者金融に申し込みをしても審査落ち。そんな時には、自身の返済内容を確認するとともに、今いくら借りているかを確認してください。

銀行カードローンが原因?

銀行カードローンと消費者金融の関係ですが、借入合計額は合算しません。

消費者金融のキャッシングと合算できるのは、クレジットカードのキャッシング枠です。ショッピング枠も無関係、各種ローンも借入れ額とは別物です。しかし、延滞記録があると、借入審査に支障が出ることはあります。

銀行カードローンも借りている場合、その額が大きいと審査落ちになることがあります。

延滞はNG

消費者金融の審査落ちで、どんなに審査の甘いところでも借りられないのが、延滞者です。

大手消費者金融では、すぐに審査落ちであり、過去に長期間延滞していた消費者金融の申し込み等もNGです。ブラック対応の中小消費者金融でも、延滞のブラックは通ることができないとされています。

多重債務者の中には、延滞をしてしまったから借入をしたいと思っている方が多いです。完全に足元を見られていて、ローンカードの返済目的の借入申し込みは、個人信用情報機関で完璧にバレています。

これは、銀行カードローンで延滞している、各種ローンの延滞も同様です。

収入が安定していない

無収入は消費者金融の審査対象にならないです。パートやアルバイトもOKですが、日雇いバイトなどは審査落ちになります。1年以上の勤務年数で、毎月一定の収入が条件です。

銀行系カードローンだけは専業主婦でも借入ができ、例外ですがせいぜい20~50万円程度の利用額です。ブラックでは借入はできないです。保証会社でNG、信用情報などで金融事故がある方はとにかく借入ができないです。

中小消費者金融での配偶者貸付も専業主婦は借入ができます。配偶者がブラックではないことが必要です。収入がない=返済の証明ができないためであり、数ヶ月の勤続年数でも消費者金融の審査落ちです。

事故情報ではないのですが、申し込み条件で見事に審査落ちになってしまうという事態になります。

中小消費者金融でも審査落ち後は債務整理

延滞をしていた、延滞をしている場合のキャッシングはできないと思ってください。中小消費者金融でも受け入れをしないブラックであり、その記録は数年間残ってしまいます。

ただし、1日遅れの返済が2回程度は延滞に入らないでしょう。そのあたりの対応は嬉しいのですが、仏の顔もキャッシングでは2回までです。