気をつけよう、申し込みブラック 審査落ち後の行動

気をつけよう、申し込みブラック 審査落ち後の行動

消費者金融の審査に落ちるのには、原因があります。ちなみに、この後銀行カードローンに申し込みをしたとしても、審査に通らないことがあります(例外あり)。

また、ここでやってはならないのが、他の大手消費者金融に申し込みをたくさんしてしまうことです。試しに1社程度は良いですが、数多く申し込みをして審査落ちを経験してしまうことは、NGです。ただし、大手消費者金融に限ります。

大手消費者金融はいろいろあるから申し込みをしてみたい

大手消費者金融審査の内容は、ほぼ似たようなものです。また、信用情報での事故情報はすべて共有していますから、同じハードルの審査では、どうしたって審査に通らないことは決定的です。

確かに、大手消費者金融はあちこちCMも行っていますが、1社の審査に通らない、2社もということになれば、他社も通らないでしょう。

銀行カードローンはどうして駄目?

銀行カードローンは、大手消費者金融より審査が厳しいと言われています。例外と言うのは一部の口コミで、大手消費者金融審査落ち後、A銀行での審査が通った内容があるからです。

1度審査落ちしたとしても、その内容によっては銀行カードローンもありとのことですが、これは一般的なことではありません。消費者金融からの銀行カードローンのキャッシングができるということは、あまりないことです。

大手消費者金融で借りれないときには?

中小消費者金融、街金、中堅消費者金融などの審査のハードルが低い所も、申し込みが妥当です。

こちらは、カードローン利用後、信用情報機関の金融事故情報がある方も受け入れています。ローンカードではなく振込での借入が主ですが、大手消費者金融でダメなら他社の大手消費者金融ではなく中小消費者金融に行くと、借りれる可能性が大きいです。

ところで、どうしてあちこち大手消費者金融に申し込みはNG?

これは、申し込みブラックの可能性があるからです。

キャッシングをしたいと、審査落ちの状態であちこちの金融業者に申し込みをすると、すべて信用情報に記録されます。審査の過程で短期間での申し込み数が多いとか、一度の多額のキャッシングなどの不意な出来事に対しては、審査落ちの原因を新たに作ることになります。

ちなみに、申し込みブラックの期間は半年間ブラックリスト状態です。ですから、申し込みを一気に行うのはNG行為にほかならないのです。

審査落ちの原因を解決

中小消費者金融での借入ができるかもしれませんが、どうして大手消費者金融で借りれないかは確認の必要があります。申し込み情報の入力ミス、勤務先の在籍確認ができないという申し込みの時のドジ。これは、信用情報無関係のことです。

個人信用情報機関でのブラックとして、多重債務者、延滞者、債務整理者、総量規制範囲オーバーなど。大手消費者金融での借入ができないです。