こんなことでも審査落ち!絶対に注意して!

こんなことでも審査落ち!絶対に注意して!

消費者金融での審査落ちの理由については、1つではないようです。現在の収入と借入件数、過去の事故情報が大きな原因であることが多いです。それと、本当は審査が通るかもしれないのに、という申込時に注意したいことがあります。

虚偽申告

最初の簡易審査は通ったあとに、詳しい情報を入力したり申告します。

その時に間違った情報を伝えると、故意ではなくとも虚偽申告とみなされます。住所の打ち間違え、年収詐称、借入件数の数え間違いなどです。いずれも、慌てて間違ったからでは済まされないのです。

本当は審査が通る内容だったのにということであれば、本当に損なことです。入力は慎重に行うようにしてください。

申込ブラック

これは、1日何回も消費者金融などの申込をすることを言います。1回でダメ、2回3回と行ったり、他の消費者金融などでも立て続けに簡易審査を行う場合です。

実は、簡易審査、申し込みをした時の情報は、全て個人信用情報機関に報告されることになります。ということで、この方はこんなに申し込みをしているから、怪しいと思われてしまうのです。これも損な話です。

申し込みの際には慎重に行うだけではなく、一回審査に通らなかったのなら何度も行うのはやめましょう。そして、冷静に考えて、今の自分は大手消費者金融や銀行カードローンの申し込みはやばいと思った方は、審査が甘いとされる中小消費者金融に申し込みをしてみましょう。

こちらなら、2回めの申し込みと報告はされますが、申込ブラック扱いにならず審査も通りやすいでしょう。