こんな人は審査通過、こんな人は落ちる

こんな人は審査通過、こんな人は落ちる

キャッシングの審査では公表こそはないですが、口コミ情報などでだいたいの内容が分かります。

ですから、もしキャッシングをしたいと申し込む前に、審査落ちをしないために是非チェックしてみてください。大手消費者金融の場合と中小消費者金融の場合でも違います。

大手消費者金融の場合

勤続年数1年以上で、一定収入の最低ラインは100万円程度。カードローン利用はパートやアルバイト、派遣社員でもOKですが、専業主婦は借りれません。(銀行系カードローンはOK)

勤務先への在籍確認はありますが、一部の大手消費者金融では写真付きの社員証などの対応にも相談に乗ってくれます。50万円以上の希望額の場合は、本人確認書類以外に収入証明書が必要です。それがないと、キャッシングができないです。

信用情報では、個人信用情報機関に異動情報があれば審査落ちです。多重債務者、延滞者、債務整理者などですが、多重債務者は他社借入2件の記録があれば審査落ちでしょう。限度額である総量規制も厳守です。年収3分の一以上の借入は受け付けていません。

中小消費者金融の場合

収入などは大手消費者金融と同じですが、安定した配偶者がいる専業主婦は、配偶者貸付ができる場合があります。

このときに、配偶者の審査状況も関係します。収入がないとNGは同じですが、数万円のキャッシングでも収入証明書が必要な場合があります。突然の在籍確認もあり、こちらは代用はできません。

個人信用情報機関のブラックも基本的にはOKです。多重債務者も4社程度、債務整理後も収入があり、返済能力がある方の場合、総量規制範囲内でのキャッシングができます。延滞者は借入不可能です。

総合してみると

収入証明書ができること、延滞はしていないことが基本です。

ブラックについては、中小消費者金融の対応がさまざまであり、返済能力があれば対応できますが、総量規制範囲内です。収入証明書の提出がありますから、ごまかしことができない範囲内であり、たいていは中小消費者金融の借入は数万円が多いです。

このように、もし自分の借金の内容が審査に通るようであれば、申し込むことを考えてみてください。この中で、1つでもNGがあれば、申し込みはしないほうが良いでしょう。

時間が必要なのは、勤続年数(転職者は気をつけて)、債務整理(大手消費者金融なら最低でも5年)です。

大手消費者金融審査落ち後に中小消費者金融でも借入はできますが、債務整理の選択もあります。中小消費者金融でのまとめローンもできますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

審査落ちはしたくないですから、多重債務者や債務整理などの方は、最初にチェックをしてから借りるかどうかを決めてください。